女子会

いくつになっても女子は女子会
今回は3人
そのうちの1人と私は20数年ぶり、彼女同士は33年ぶり、つまり中学を卒業してからまったく会っていなかったんだとか!
その数字に愕然とするも、それぞれ顔に刻まれたシワや、彼女たちの産んで育てた子供の年齢を考慮すると、33年という時間の経過も頷ける

隠す白髪
荒れた手
すっぴん

みんな老けた

生活水準がほぼ同レベル
やはり同郷の、似たような環境で育った者同士だからこそ付き合いも続いていたのではないか

とはいっても付き合いなんて薄っぺらい年賀状1枚だけこやり取りが20数年
それだけで繋がっていたのかって思うと年賀状も侮れないのだな


そして今回はみんなバツイチ(*´ω`*)

別れた理由は
ギャンブル依存症
モラハラ

相手に対して抱く感情がそれぞれであったとしてもね、別れるにはとてつもないチカラが必要なのである

子供3人かかえてシングルマザー奮闘中の彼女
子供3人育て終え、旦那からも解放されて今を謳歌している彼女

ふたりとも芯が強くパワフル!
子育ての話題には付き合えないけどね


20年数ぶりの再会を果たした友人とは年賀状を欠かさずにいたので、か細いながらもずっと繋がりがあった

私はモノを後生大事に抱え込む人間で
言われた言葉、態度・対応などよく覚えている。それも相手は覚えてもいないような取るに足らないこと達を
そして物質としては、幼少時代からの年賀状や手紙も未だに実家に保存してあるという…( ̄ー ̄)
終活としてそろそろ処分してもいいのかな、と直近数年の賀状をパラパラと眺めていたら、20数年ぶりに会った友達からは毎年同じようなメッセージが書かれていた

実家同士が近いので、帰省の際にはいつも私の家を気にしていてくれていたのだ
携帯に電話をくれていたのに、いつも出てくれないと(全然気づかなかった)書かれていた

年賀状を出しても正月過ぎて5日か6日あたりに毎年彼女からの賀状が届くので、この人はくれた人にだけ出すタイプの人なのだなと、一方的に判断していた
実際そういう人は何人かいて、裏を返せば私が賀状を出さなくなれば繋がりは途絶えるということなのだ

LINEも既読がつかないから再会にも乗り気じゃないのかなと思い込んでいたけれど、彼女と会って現状を知り、スマホも頻繁に見るわけでもなく、自分の賀状なんて後回しになってしまうような生活を送っていて…
自分の物差しで他人を見ている自分を認識してしまった

メッセージは遅れてくる賀状にちゃんと記されていたのに、自分は読解力すらないのかと、ほんっとに自分のバカさ加減に笑えてしまった


地元以外の人、社会に出てから出会う人々は、学歴やその後の仕事や趣味や興味の対象が自分の視点とは全然違うことばかりで新鮮であったり、気後れするものでったり、劣等感を感じる事であったり、共感できない事も多々あったり、大いに興味深く惹かれるものであったり様々である

これもよし


思春期・成長期に時間を共有した友だちというのは、無条件で無防備に安心できる最高の宝物なのかもしれない

物質として残さなくても、しっかりと自分の中に根付いているもの

人に見せびらかすモノではなくて
SNSの友達の数ではなくて
他人と比較する必要もなくて

そんなふうに大切な、友だち



放射線治療

平日毎日連続30回
継続することが効果が出るという

決まった時間に病院へ通う日々
案外、実際たかだか10分程度の治療に毎日毎日って面倒なのだ
ましてや照射時間は1分あったのかどうか…

身体にマーカーで印を書かれて、2人の技師が毎回その印を目安に慎重に位置合わせをする、この準備時間が大半だった
2週間も過ぎるとさすがに疲れてくるんだよね
そんな患者の心境も考慮してくれているのか、放射線科の技師さん達は当然のことながら患者さん慣れしていて、とても和やかな雰囲気を作ってくれる

初めの1、2週間は全く効果が分からない
こんなんでホントに放射線浴びているの?というような
しかし、それ以降ジワジワと反応が出てくる
左胸とその周辺が赤くなってきて、乳輪が大きくなったの?とビックリするくらいの色素沈着
そして、ヒリヒリ

まるでやり過ぎちゃった日焼けのよう

布が擦れるだけでも痛いので、締め付けるブラジャーなんてとてもじゃないけど付けられない
今の時代、あってよかったキャミブラ
着古して若干緩めのホールドのもので丁度いい
でも擦れると、痛い

日を追うごとに醜くなっていく胸に、この歳でもちょっとショック
これは完全に治るのだろうかと疑心暗鬼になるほどに
お風呂に入っても胸まで湯船には浸かれないし、触るのも痛いのでささっとしか洗えない
マーカーの印が消えてしまうのでゴシゴシ洗うこともできない

25回は胸とその辺りに、残りの5回は癌のある場所(手術で取りきれなかった所)にピンポイントで照射

位置合わせが終わると技師さん達は別室へ行き、部屋には私1人残されて放射線を浴びる
毎回、上半身露わでひとり台の上に寝そべって天井に映る緑と赤の動くラインを眺めながらあれこれ思う

技師さん達とはもうお会いすることもないが(あってはならない)、まぁ、数ヶ月に一度の放射線科の先生との診察の時にチラリとお目にかかる機会もあるかもしれないけど、先生よりもお世話になったよね

30回の照射が終わり、通院の必要がなくなった〜(*⁰▿⁰*)
と安心もしていられない
なんと照射後の方がイロイロ出てくるのだな

赤みはどんどん酷くなる
触れられない
というのが3週間程度続いて、そのあとはいつのまにかヒリヒリが治まり、触れられるようにもなってきて、年末には肩まで湯船に浸かれるようになってきた
そして日焼けのあとのように擦るとポロポロ皮が剥けてきた

焼けた角質が剥がれ落ちたあとは元の皮膚の色に戻ったものの、乳輪まわりはまだ色濃い。1年くらいかかるのかなぁ

放射線の副作用として何度も聞かされたのが肺炎
左胸なので、肺にも少し照射してしまうそうだ
照射3週間経過した頃に肺炎になる人がたまーにいるのだとか

ちょっと咳が出るたびにもしや⁈とビクビクしたけど、幸いなことに肺炎にも風邪にも至らずヨカッタ


そして症状はすっかり落ち着いた


高額医療費の申請しといてよかった
それでも自己負担額はけっこうなもんで、支払いのたびにあぁ出費がかさむ〜と心労も大きかった。ので、そろそろシゴトしよう


今年観た映画あれこれ回顧

以前に比べたら映画を観ることがめっきり少なくなった
ほんっとに少なくなった
が、少ないなりにチョイスする作品にはハズレが少ない

劇場編
・シン・ゴジラ 庵野サンさすが
・君の名は。 大ヒットの理由は観て納得
どちらも話題性があって有名で、集客力のある作品ってこういうのなんだぁ

聖なる呼吸
ヨガのルーツに出会うドキュメンタリー
この作品がいちばん素晴らしかった!
近代ヨガの父クリシュナマチャリアの弟子、パタビジョイスさんとアイアンガーさん
同じ師匠からアイアンガーとアシュタンガ、流派の違うヨガが生まれた
仏教でも真言宗や浄土真宗などたくさんあるように、ヨガにもたくさんある
でもどちらも大元は1つという共通点
受け取り方、解釈、人それぞれ・・・奥深い


DVD編
・2001年宇宙の旅
じつは今更ながら初めて観た
あの時代でこのクオリティ!


以上4つ、大満足

彼岸花

  • Day:2016.10.02 21:28
  • Cat:遠出
20161002.jpg


見頃をすぎてしまった炎天下の巾着田を歩いていても
あの妖艶な雰囲気を味わえない

残念

今年は今日しか時間が取れなかったので、こればっかりは欲を言ってもどうにもならないワね


この辺りは、庭の広い大きな一軒家も多いので
何気なくもうずっと何十年も前からそこにあるようなキンモクセイの樹もとても大きい

彼岸花は終盤を迎えていたけれども
どこからともなく漂うキンモクセイの香りが
今日はこんなに暑くてもやはり秋なのだと姿を見せずに教えてくれる
姿を見つけると、その大きさに驚いてしまいましたが。

キンモクセイについては、もう何年も何回も同じ表現の言い回しだな
この香り、市販の芳香剤では絶対に再現不可能でしょ
香りを閉じ込めておきたい でも無理
家の中に籠っていたら感じられない秋

天赦日


http://www.xn--rss490a204a.net/

ネットって便利
本日、天赦日ですって

日本の暦の上で最上の吉日
新しい何かをスタートさせたり躊躇していたことに挑戦するにうってつけの日

この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦す日とされ、最上の大吉日である。そのため、天赦日にのみ「万(よろづ)よし」とも注記される
年に5~6回しかない貴重な開運日

一粒万倍日など他の吉日と重なることもある

今年はあと12月8日があるみたいだね


…といっても
新しい財布に持ち替えたわけでもなし
転居もなし
入籍もなし
開業もなし

強いて言えば、躊躇していたことを始めるきっかけの日だった?

始めるというよりは、捨てる
そう、執着を捨てるのにはいいきっかけだったのかも

って、タイミング逃した感が否めないが…

自分の意思を明確にはできた
さぁ、それをどんなニュアンスで相手に伝えようかの言葉選びで苦戦している
考えあぐねて言葉を選んでも、相手の気分を害することは一目瞭然なのだ
だったら変化球なしのストレートで本音を伝えるのがよろしいのではないか

○○してもらったから△△しなければならない
なんて義務はないのだ

これで壊れてしまう関係ならばそれだけのことよ


わたしのリトリートはわずかな入院生活だったのかもしれない

俗世界から隔離されると
今まで習慣にしていたことも、無くても全く不自由ないし、だいいち欲さない

此処と俗を結ぶのは
外からやって来る見舞客と、1階のコンビニ
そして直接的に害をもたらさないテレビ

いろいろと
無ければないで、全く必要ない

ところが
退院して自宅に戻ると
溢れんばかりの俗俗俗
びっくりしたね

もう2日目くらいにはこちらに戻ってきてしまいました

まだ残る痛みを抱えつつ、隔離された擬似リトリートを回顧しつつ
軌道修正にはいい機会なんじゃないの?






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。