その道のエキスパート

  • Day:2018.06.16 23:39
  • Cat:WORK
このまま何もしないでいるのは心苦しいと流石に感じて、単発の仕事に行ってみた話

アルバイトだと思っていたがれっきとした派遣であり…日雇い派遣とでも言うのかな。1日完結の労働それはおもに軽作業。

14、5年前は軽作業が嫌で嫌でたまらなくて、どうしてだかパソコンを使う仕事の方が上に見えて、実際時間給にも格差があるしそんなこんなで必死に勉強したんだっけ。
今現在は、難しいスキルのいっぱいいっぱいな仕事はやりたくないのと、長時間のPC業務も肩凝り眼精疲労が重くなり、体のメンテナンスにも費用がこかってしまうんで敬遠しがちというのが実情。
とりあえず手っ取り早くできる仕事って、結局のところ軽作業なのだ。

はじめての現場でも、作業内容は1時間もやっていれば手が慣れてくるので難しいことは特にない。
はじめての現場の雰囲気に毎回戸惑うのは仕方ないとしても、それさえ何とも思わなければ、人間関係で悩むこともなくストレスフルなのかもしれない。

今日はここ、明日はまた違うところ、と、皆さん転々と上手いこと仕事を入れて続けている。
こういう働き方をされている人がたくさんいることに驚いた。
違う現場でも大まかな作業に大差は無かったりするので、皆さん実に手際が良く丁寧だ(そうでない人も稀にいるが)
毎回現場は異なっても、自分にとっての仕事はコレだときたんとした意思を持っている。なんて素晴らしい。

こういう仕事は、ピアス、ネイルNG。スカートだめ、パンツは足首まで隠れる長さで7部8部もだめ。靴はスニーカー。だから服も靴も買う必要もなく、オシャレのためにネイルもピアスもしなくていい。そういうところでお金がかからない。気楽だ。
収入も、必要な分だけあればいい。
至ってシンプル。
業務もシンプル。時間を持て余すことがまずない。退屈すぎてトイレで時間をつぶしたり、バレないようにネットサーフィンもしなくていい。

自分はこういう仕事の方が身の丈に合っていて、自分に向いているんじゃないかと思う、ほんとは。

だけどだけど、今はもうすこーし収入が必要な時期。
スポンサーサイト

外へ出て働こう

  • Day:2018.06.15 23:09
  • Cat:WORK
あと1週間ちょいで、平日昼間のヨガ時間が終わる

平日、仕事もせずに悠々とヨガに没頭することができたのも、パートナーのおかげであることを
私は忘れかけて
ありがたい気持ちが薄れて当たり前と勘違いしていたようだ

有難いの反対は当たり前


週5フルタイムで働くことに抵抗を感じていたのは
仕事・家事・ヨガ
この3つのバランスが取れなくなることがイヤだったから

キツキツで仕事をするのは心身共にゆとりがなくなるので、ストレスの塊になってしまうだろうと懸念していた

独身時代のように仕事に専念できる環境であれば全然問題ない
今は
帰宅してからもMustがあって、それらを済ませたら身体はもうグッタリで、趣味の時間も持てずに1日が終わる
若い頃のパワーがもうないのでスタミナ切れが早い
そんなことをダラダラと考えて
やはり気持ちにゆとりを持てる生活を送りたい、という思いが優先して
週3勤務の仕事に拘って長いこと探していたけれど、全然ナイ

正直
お金の所有は、心が安心する
お金が少なくなると、不安になる

仕事があると、自由時間を喪失するし、肩こりや眼精疲労、それに人間関係や業務上のストレスが増加する
しかし、拘束時間がお金となって口座に振り込まれる
そして身体のメンテナンスのために病院やカイロに通う
身だしなみも必要なので、服や化粧品
人とのお付き合いで飲食する
働くと出費もかさむ

それでも
やはり労働は必要なのだ

週3勤務!だとか、ヨガに通えなくなるだとか、
自分で枠を作り、かえって視野を狭めていたのでは…

でもなぁ
平日の昼間にしかクラスを持っていない先生と会えなくなるのは、残念…せっかくお近づきになれたのに…
その方とはまた、御縁がありますように!と願います

状況は刻々と変化している
気づきづらいけど、自身も変化している

家事もヨガも一緒にできる
素晴らしいパートナーが、ここにいる

9年目の高尾山

  • Day:2018.05.26 22:28
  • Cat:都内
昨年、崩壊したトレッキングシューズを修理。まだまだ履ける!
いざ9年ぶりに高尾山登山へ

今回は6号路。びわ滝コース(そういえば滝の存在に気づかなかったな)で、途中から沢伝いに歩く

仕事による心身のストレスがなく、ヨガやピラティスを積極的にやっているので、登山も以前よりはラクになるでしょう。
と思っていたけれど…
登山となると、使う筋肉が違う
登りの階段ではやはり以前と同じく脚は上がらず、太ももから挙げようとすると股関節まで痛くなる

体力的にショックな登山となりました

山道と頂上は登山者がとにかく多くて賑やか
近郊の、お手軽に登れる高尾山
お手軽だからこそ子供もご年配の方も単独山ガールも来やすくて
そして自然に触れ合えるいい感じの距離にある場所

帰りは4号路で吊り橋を渡り、1号路のきちんと舗装されている急な坂道をひたすら降りる


takao_20180526.jpg


そしてお約束の膝痛、ときた

下山後はお決まりの高橋さんとこで蕎麦とビールです

昼寝は頂上と、下山後の美術館の芝生の庭で2回

次回のために行動を記す
あのときどこ歩いたっけ?と9年前の記憶とブログを引っ張り出してきたからね
いろいろ抜け落ちているものだ

20代前半では、ゴム底のコンバースで登山していたんだよね〜
今でこそしっかりとしたトレッキングシューズやウェアで身を固めているにもかかわらず、
体のスタミナは年相応、いやそれ以下か。

ご年配の方々が楽しくおしゃべりしながら登山する様子をよく見かけるが
その方達よりも私の登山レベルは低い
ということを再認識。やれやれだー

モノの行方

行き場のないモノたちをどうしたらよいのか
モノを作るのが好きで
モノを作っている自分が好きで
作品も作品を作っている自分を他人に見てもらいたくて
他人が作っていたら自分もこうなんだといちいち主張してくる
そして真似をする

手先を動かすのが好きでたくさん作ってしまった
どんなに原価が高かろうと、躊躇うことなく人に差し上げて自分をも誇示する
あまり高価過ぎると相手が恐縮してしまうのではないだろうか
値段なんてお構いなしなのだな

作ったものに責任を持つ
という表現もおかしいかとは思うが、なんていうか
作って、自分の手元から放してしまいたい、誰かに委ねたい
そんな思いもわかる

かつては私もそうだった


けれど
自分でも対処できないモノを人に渡してハイ、お終いっていうのは、違うような


どうでもいいけれど、いちいち対抗しないで欲しいな



では、作ったものではなく、買った品々に対してはどうか
近頃ではフリマサイトがあって、個人でも気楽に値段をつけて売買できる
便利な世の中になったものだ
一見、無駄がなく、捨てずに、モノをリサイクルできる

数回しか着用していない服をどなたかにお譲りして
そのどなたかが喜んでくれるのならば、ほんとに良いことだ

ただ、こういうシステムに慣れてしまうと
かえって自分が買ったものを大切にしなくなるんじゃないだろうか
やっぱり合わなかったから、売っちゃえ
売ったお金で新しいものを買っちゃおう
で、飽きたらまた売っちゃえ

常に新しいものを身につけていたいのならば、こんな方法でよかろう


そんなことをしていたら
本当に大切なモノが見えなくなっちゃうよ


断捨離とかいって自分も身辺の荷物をなんとかせねばと考えてはいるが、これがなかなか行動に移せない
だいたい売れないものばかり
自分で撮影した写真とか、他人の手作り品とか、封を切った食材とか
気に入ったアーティストのリーフレットや雑誌の切り抜き(時代を感じる)
服にしても流行遅れだし、相当着古しているし

一緒に住んでいる人がモノを大切にする人でよかったなと心から思う
彼を見ていると、買い物ひとつにしても、きちんと調べて納得して買って
そして末長く大切にする
稀にどうしても使えないものがあったりするけど、ほんとに稀

住居が狭いという物理的な問題もあるのであまりモノは増やせないので
買い物する時はよく考えて、ひとつ買ったらひとつ処分

モノづくりも大好きだけど
モノづくりしている自分が大好きではないので、誇張はしない
作っていることを他人に見せびらかしたりはしない
ときどき、見てもらいたいなって時もあるので、そんな時はSNSにちらっと載せてしまう…
やっぱり人の目に触れさせたいという思いが消えないんだな
人にあげるときは、何かきちんとした理由がある時のみ

比較されても比較することなく
影響を与えられてもグラつくことなく信念はひとつ

ちょいと目に余る行動をする人が身近にいたので久しぶりにグラっとイライラしてしまった
そろそろ、鎮火





サトちゃん

4年ぶりに東京で積雪

雪を見て思い出したわけではないが
今日は北の友だちの誕生日だったので、お祝いメッセージをLINEで送った

喪中だったので年賀状を控えたので恒例の挨拶がてきなかったことと、彼女は独り暮らしになってしまったので、たまには意表を突いた知人からの便りも微弱ながらも刺激?になるかな〜などの思惑もあり…

家族を失う辛さは当事者にしか分からないことだらけ。
額面通りの慰めの言葉なんて、皮膚の上を通過していくだけだということは身をもって知っている
だから、お悔やみの言葉が出てこなかった
気が利かないわたくし


いつか
再会できるのかな

このまま
もう2度と会えないのかな