モノの行方

行き場のないモノたちをどうしたらよいのか
モノを作るのが好きで
モノを作っている自分が好きで
作品も作品を作っている自分を他人に見てもらいたくて
他人が作っていたら自分もこうなんだといちいち主張してくる
そして真似をする

手先を動かすのが好きでたくさん作ってしまった
どんなに原価が高かろうと、躊躇うことなく人に差し上げて自分をも誇示する
あまり高価過ぎると相手が恐縮してしまうのではないだろうか
値段なんてお構いなしなのだな

作ったものに責任を持つ
という表現もおかしいかとは思うが、なんていうか
作って、自分の手元から放してしまいたい、誰かに委ねたい
そんな思いもわかる

かつては私もそうだった


けれど
自分でも対処できないモノを人に渡してハイ、お終いっていうのは、違うような


どうでもいいけれど、いちいち対抗しないで欲しいな



では、作ったものではなく、買った品々に対してはどうか
近頃ではフリマサイトがあって、個人でも気楽に値段をつけて売買できる
便利な世の中になったものだ
一見、無駄がなく、捨てずに、モノをリサイクルできる

数回しか着用していない服をどなたかにお譲りして
そのどなたかが喜んでくれるのならば、ほんとに良いことだ

ただ、こういうシステムに慣れてしまうと
かえって自分が買ったものを大切にしなくなるんじゃないだろうか
やっぱり合わなかったから、売っちゃえ
売ったお金で新しいものを買っちゃおう
で、飽きたらまた売っちゃえ

常に新しいものを身につけていたいのならば、こんな方法でよかろう


そんなことをしていたら
本当に大切なモノが見えなくなっちゃうよ


断捨離とかいって自分も身辺の荷物をなんとかせねばと考えてはいるが、これがなかなか行動に移せない
だいたい売れないものばかり
自分で撮影した写真とか、他人の手作り品とか、封を切った食材とか
気に入ったアーティストのリーフレットや雑誌の切り抜き(時代を感じる)
服にしても流行遅れだし、相当着古しているし

一緒に住んでいる人がモノを大切にする人でよかったなと心から思う
彼を見ていると、買い物ひとつにしても、きちんと調べて納得して買って
そして末長く大切にする
稀にどうしても使えないものがあったりするけど、ほんとに稀

住居が狭いという物理的な問題もあるのであまりモノは増やせないので
買い物する時はよく考えて、ひとつ買ったらひとつ処分

モノづくりも大好きだけど
モノづくりしている自分が大好きではないので、誇張はしない
作っていることを他人に見せびらかしたりはしない
ときどき、見てもらいたいなって時もあるので、そんな時はSNSにちらっと載せてしまう…
やっぱり人の目に触れさせたいという思いが消えないんだな
人にあげるときは、何かきちんとした理由がある時のみ

比較されても比較することなく
影響を与えられてもグラつくことなく信念はひとつ

ちょいと目に余る行動をする人が身近にいたので久しぶりにグラっとイライラしてしまった
そろそろ、鎮火





スポンサーサイト

狂気の沙汰の結末

同じ干支
ちょうど12年前くらいまで夢中になっていたビーズアクセサリーづくり


狂気のはじまりだったのかも


行き先のないアクセサリーを果てしなく作り続け
パーツや作品がどんどん蓄積されていった

ある時を境にぱたりとしなくなった

仕事や家事がMUSTで、他に興味の対象ができていたのだろう

ずっと捨てずに封印していた
時々、服に合わせてちょろっと作る程度でのめり込むことはなかった

肉体的疲労が大きくなって…
肩こりと眼精疲労


断捨離と称して全て捨ててしまえる程の思いきりがなくて、今日に至る

だったら、作りかけのものは形に残して完成させて終わりにしよう

思い直し、封印されていた箱を開けて、最近またチマチマと作業している

手作りモノ販売のサイトもあるけど
そこまで参加するバイタリティものめり込み度もない
だいたいそこまで時間を費やせない
他にもやりたいことは沢山ある


金具類のパーツが微妙に足りなくなったので、何年ぶりかで訪れた浅草橋は
やはり手作り好きな女性で賑わっている

アクセサリーも流行があり、近頃はこんなんが人気なんだ、とか
金具も新色が登場したり、素材も良質な18金があったりしてまたもや発見色々で、
あれこれ手を出したくてウズウズする!
でも堪えて最小限必要なものだけを。

過去に買ったものと、過去に形に出来なかったことを
当時とは違う視点から完成に近づけている
過去の思いのあと始末は自分の手で。

幸いにもいまはそんな時間があるので、もう思い残すことのないように
キチンと終わらせようと思う

もし、また、やりたくなったら
…やり始めるけど、行き場のないもの作りはもうしない


そして、商店を営む親戚の店に置かせていただいた
郊外の商店街、廃業寸前の寝具店で客層も恒例であることと、
叔母はこのようなアクセサリーに全く興味がなく…場違いなところに置いてしまった感
一ヶ月くらい経ったら回収して
実物を見たいという奇特な方がおられたらその人に見て頂いて
余ったものはヴィンテージビーズだけ残してあとはきれいさっぱり処分です
清々しい

わたしのこの行為を「自己肯定」とおっしゃってくださった
その人の言葉によって
今まで否定し続け、切り離して忘れ去りたい過去の自分を
本当に肯定できたような気がする

これからは、逃げ場のようにのめり込むことなく
作りたいときに欲しい分だけ つくる


20160222.jpg

やっぱり梅酒を仕込む

本格的で典型的な梅雨の1日
しっとりと 肌寒く
亡き人に想いを馳せる今日は命日

愛犬を亡くした時に、抱きしめてポロポロ涙を流したと聞いた
その姿が浮かんで頭から離れない

優しくて、おおきな存在だった



毎年6月は手シゴトに勤しみたくなる時期

新生姜・赤紫蘇・梅・・・
つくだ煮・甘酢漬け・ジュース・お酒・ジャム

置き場所や在庫も考慮して、今年は止めようと思っていた梅酒も
やはり仕込んでしまった
SNS上の見知らぬ誰かが漬けた梅酒は
今年生まれた娘が成人したら一緒に飲むと申されていて
それがとっても素敵に響いて…
ハッキリ言って真似・パクリ
結婚記念というか、一緒に暮らし始めたのが今年なので
Anniversary

この人と一緒に10年後に飲みたい梅酒も仕込み完了



150619.jpg
Photo by iPhone
一晩で梅の色がガラリと変わってしまった




1年後に梅を取り出して一升瓶に入りきらない分は飲むとして
一升瓶は10年後まで開栓しない


大切な人が去り
大切な人がそばに居て

巡り合わせをただじっと受け入れて
去った人も、居る
居る人は、目に見えて居る
またある人は疎遠になっても、存在している

しっとりと思い出します

合掌

梅雨に思い、そして梅仕事

クチナシアジサイメイニチ
じとじと梅雨どき、せつないきせつ



頂き物の百合の花がお線香の香りと混ざって2年前のあの日ををくっきりと思い出す

やりきれない・やるせない・戻ってこない
「ごめんなさい」『ありがとう」同じ言葉ばかり心の中で繰り返す

花の香りは過去の思考まで連れてきてくれる
でも、去って行った人は連れてきてくれない

もっともっと時間が経てば自分の気持ちに変化もあるのだろうか
もっと穏やかになれる?

家の中に立ち込める百合の香りが胸を苦しくする…のだけれど
苦しんでばかりではいられないのがこの時期で

固定資産税・都市計画税、特別区民税・都民税、健康診断・がん検診のご案内
私の乏しい財政を圧迫し、徴収し、苦しめて
大切な有給を消化するかわざわざ検診のために半休取るか予約や体調を考えさせられて
そのほかなんやかんや雑用がこんもり溜まっているのがこの時期で

大好きな保存食作りも、この時期なのである

201406.jpg


思いがけず今年も送って頂いた梅は手分けして梅干しや梅サワーに
毎年お願いして送って頂いた梅は恒例の梅酒に

(お手製の赤コンニャク煮付けを頂き、初めて食しました!美味!)


去年の梅酒の梅でジャム
新ショウガでガリとつくだ煮
赤しそジュース
ピクルス

まだまだ続く




マトリョーシカ

師走

やっと年賀状の図案ができて、早期割引印刷締め切りにギリギリセーフ

慌ただしい

余裕を持って行動できないものなんだ

とくに、新年のご挨拶を、年が明ける前につくるわけですし

気分もついてこない



今年の春夏は自分の時間があったので
イラスト描いたり、
昔に描いたものを整理できました


そして、長いこと放置していたコレもやっと夏に完成

すっかりギャグになってしまった

キャラものは苦手なのにどうしてコレをモチーフに選んだのか…


物好きな人が貰ってくれました
ありがとう

疲れた時にコレみて笑ってちょうだい!