1人でも

午後に工房で作業した

誰もいない場所でひとりきりは少々不安だった

窓の外が明るくて日差しの入る工房は初めてだったかもしれなくて

妙に新鮮



大仕事をしたわけではなく

版の腐蝕と、苦手なアクアチントの焼き入れの練習



そしてプレス機も初めて自分で調整して使ってみた

おっかなびっくりに

圧をかける加減がよく分からない

左右のネジを回すだけだけど、その微調整がね

ひと刷り目はゆるすぎて圧がかからない

ハンドルを回すときの手応えが軽すぎる

もっときつくネジを回し、いつもと同じくらいの手応えになって

ようやっと成功

なんだ、

1人でもできるじゃない



なんであんなにビビっていたのだろう?

先生が居ないとできないと思い込んでさ

いつまでも人に頼っているから

ひとりになったときに自信がなくて不安になる



たとえばシゴトでもそうだし

生活していくことだって同じ事が言えるのだろう



誰も頼らず、1人でやって

失敗すればより勉強にもなるし

成功すれば自信にも繋がる
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)