Workshop

人の死に始めとはどこから?

との問い

不慮の事故で即死する場合を除いたとしたら、

まず肉体の衰えを感じた時からなのでは?

具体的な体の部分は足の先、そして手の指先、つまり心臓から一番遠い場所だそうだ



手のひら、手の甲、足の裏、足の甲

これらは自分のコントロールパネル

言われてみれば、ツボが集中している部分だよね

それだけ大切な場所でもある





お話しから始まったヨガのワークショップ

ありがたいお話しをたくさん聞けた

一言一句聞き漏らさずに自分の中に浸透させたいけど

どこまで残っているかなってことで覚え書き





動作の堅さは思考の堅さ



今回のセミナーはナタ・ヨガといって(初めて聞いた)

いわゆるステレオタイプなヨガのよく見かけるポーズたちとは違って

体の細かい部分を意識して動かす・・・

こう記すと非常に地味だけど、いざ先生の指導に従って体を動かしていくと

これがなかなかじわじわと汗をかいてゆくのだ

呼吸方法も細かく指導してくださった分かなり意識したので不慣れもある



ひとつひとつの動作にはきちんとイミがある

意味を理解し、自分の体の限界を知る

陰と陽

体の中にも風が流れる(気の流れにも通じる?)

正しい呼吸ができれば、必要なものを取り入れ、不必要なものは排出される



体の柔軟性はヨガにとって重要なことではない

だって重要だったら、

体の固い人は永遠に悟りが開けないってことになるでしょ、と。





通訳の人の声に誘導されながら体を動かしていって

それでも理解力に乏しいのだろう、手の細かい動きまでは

ついていくことができず・・・

最後の方になってなーんとなく体が覚えてきたような感じで本日は終了

続きは明日



先生(外人の男性)が部屋に入ってきた途端、空気がパリッとして

噂どおり、ほんのりと東洋の香りが漂った

スパイスというよりは、白檀・ムスク系のお香の香り!

笑顔が素敵!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。