油・水

先生が参加しておられるグループ展で絵を鑑賞してきた

フランスがテーマで、それぞれのアーティストがイメージするフランスの絵

油絵がほとんどであった



わたしは油絵を描いたことがない

きっかけがなかっただけで・・・



非常に抽象的で、計算されているのかされていないのか分からない筆使いやタッチ



油絵はとくに善し悪しが判断できない



いや、する必要がないのでしょう



描いた人観た人がそれぞれ何か感じるものがあれば・・・





版画は技法を学ぶことは楽しいが、

かなり思うとおりに事が運ばず手こずることの方が多い



実に数年ぶりかで

絵筆をとって水彩画でも描こうか、という気にさせられる

人の作品を観ていると

頭であれやこれや考えるよりもまずは手を動かす



・・・・手、思い通りに動くかな
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)