されど油

いろんな種類のオイルが揃った!



石けんづくりから始まって、化粧水・クリームなどを作るうちにあれこれ使ってみたくなったのだ

オイルによって成分や効用が違ってくるので、

自分の肌の状態に合わせてクリームを作ることができるのがウレシイ





ホホバオイルでクリームを作るはずが、間違えて小麦胚芽油を使ってしまった・・・

パッケージが似ていて、日本語表示がなかったから・・・(言い訳)



せっかく作ったのに使わないのはもったいないので、お風呂上がりに手や足、とくにかかとを重点にマッサージクリームとして使用

顔にも塗れなくはないけど、そもそも小麦胚芽油は他のオイルにプラスして使うと効果的らしく、100%で使用するとちょっと独特の匂いが鼻につくかんじ



で、やっぱりホホバオイル100%の顔用クリームも作る

無印良品で買った容器に2段連結して使い分けている

オイルによって色が違うのがハッキリわかるのが面白い

上段がホホバ、下が小麦 です







1月2月に仕込んだ石けんがとっくに解禁日を迎えていた

右がソーパーデビュー石けん!

ハーブエキス入りのマルセイユシャンプーバー

左がヨモギのマルセイユ



洗髪を石けんに替えてひと月ちょい

きしみ感にはまだ慣れない





福袋に入っていたどうしても飲めきれなかったブレンドハーブティーを穀物酢に漬けたものをリンスに

え?お酢で髪をすすぐの??って初めは抵抗ありの半信半疑

ところがところが!

石けん洗髪できしんでいた髪の毛が、ハーブ酢をつけたとたんに瞬時にさらさらつるつるに大変身しちゃった



これにはかなり感動したねー



最近はハーブエキス&クエン酸リンスにしているけれど、

やっぱり穀物酢の方が使用感はヨカッタな





いろいろ試行錯誤して、お風呂の時間を存分に楽しむ♪



考えてみると石けんの原料は油、

クリームも油、化粧品もなんらかの油が入っている

油を体や顔に塗りたくっているんだよね

市販品は長期保存できるように防腐剤やその他のモノが混ざっている

自分で作ると防腐剤を入れないので使用期限も短くなるけれど、作るのも使うのも楽しんでいるし、そしてなにより何からできているのかがきちんと分かるので納得して使える

ただし失敗というリスクも付加される



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)