正しくね

木曜午前の一般クラスに参加してみた

体験レッスンの時のインストラクターで、やや年配の陽気に喋るベテランさんだった

教える人の数ほどヨガの種類はあるとも言われているくらい同じポーズでも人によって導き方の違いがあるので、どの導かれ方が自分に合うのか、自分がやりやすいのか…たくさんの人のレッスンを受けてみるのは新たな見方・感じ方を見つけるのにヨイと思う

今日の人がヨイ!と思ったのは、淡々とポーズをこなしていくのではなくって、体のどこを伸ばすだとか細かい部分をきちんと説明してくれること

説明してくれるので体の一部分に意識を向けることができる

さらにこのポーズは腰痛や肩こりに効くなど豆知識もちりばめてくれること

そして一番ヨカッタのはこまめに生徒の間を見て回り、より正しいポーズができるよう補助(アジャスティングっていうの?)をしてくれることだった

言葉だけで説明されて、前にいるインストラクターのポーズを見よう見まねでこれでいいのかな?と自分のポーズになんとなく自信が持てないで進めていくよりも「ここが違う」とその場で修正してくれると、このポーズは体のどこどこにこう力が入って、ここを伸ばして…というのがハッキリと理解できる



今日は体の歪みや癖についてまた考えさせられて、反省

自分から見て左側に横座りする癖があったので、先月整体に行ったときから意識して横座りしないように、そして足を組まないように心がけてきたけれど、長年の癖でついてしまった体の歪みはそう簡単に落ちるものでもない

「体をラクにしていると、緩みきってしまうよ。体にラクさせない!ヨガと生活しなさい」

みたいなことをインストラクターの師匠がおっしゃっていたそうな

常に自分の体に厳しくっていうようなことなのかな

自分の苦手だと思うポーズやストレッチを避けないでやりなさい、とも言われる

うんうん、なるほど
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)