護摩祈祷

初めて観る聞く護摩祈祷で始まった新しい年

弘法大師により伝えられた真言密教秘伝の修法で、護摩とは、焚く、焼くを意味するサンスクリット語のhomaからきているらしく、日頃行っているヨガの教えとも非常に近い

煩悩の象徴である護摩木を火の中に置き、祈願をする

初詣、お寺、神社へ行くと昔はいつも自分の願い事ばかり心の中で唱えていた
詣でることは、感謝の気持ちを伝えに行くことだと知り、近頃は『ありがとうございます』と気持ちを述べて、ココロもやっとオトナになったのではないかと思っていたりして。真偽のほどはさておき。

なので、自分に関しての祈願は思い浮かばず周囲の方々の幸と復興をお願いしてみた

自分2番
まず周りの人のことを優先にしようと力んでみても、まず自分が幸せであるからこそ、周りを思いやることができるのではないか
様々な考えがある

様々な情報に惑わされることなく、自身の意思はブレずに…
いられるでしょうか⁈ ふふ

義兄の太鼓にココロ震え感動し、厳かな引き締まった気持ちで新年がスタートです
スポンサーサイト