日光東照宮

  • Day:2014.07.12 14:01
  • Cat:遠出
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し
急ぐべからず

東照宮御遣訓 

杉の木の脇の立て札にはこう書かれていました
上り坂の途中だったので写真を撮りつつ、じっくり文章を読みつつさり気なく休憩


ちなみに、続きはこんなのでした(後からWebで発見。引用です)

不自由を常とおもへば不足なし
こころに望おこらば困窮したる時を思ひ出すべし
堪忍は無事長久の基
いかりは敵とおもへ
勝手ばかり知てまくる事をしらざれば害其身にいたる
おのれを責て人をせむるな
及ばざるは過たるよりまされり……


0712nikko1.jpg


歴史に疎く浅薄なので、せいぜいサルしか連想できていなかった日光東照宮
訪れてみたらまず色彩溢れる煌びやかで見事な細工の建築物に目を奪われてしまったのでした
発する言葉は「すごい」「すごい」ばかりだよ



0712nikko2.jpg



徳川家康公を御祭神におまつりした世界遺産でもある神社 

敷地内には強いエネルギーが充満しているパワースポットだったとは。


0712nikko3.jpg




陰陽道に強い影響を受けているだとかで
本殿前の陽明門と、その前の鳥居を中心に結んだ上空に北極星が来るように造られていて
さらにその線を真南に行けば江戸へ着くとされていて…
つまり江戸から真北の位置に日光東照宮があるんだって。
主要な建物を線で結ぶと北斗七星の配置と寸分違わぬよう設計されていているんだって

道理で!見えない何かにゾワゾワゾクゾクさせられているような気分だったのは確か

その土地や建物、彫刻に込められた意味をすべて解き明かしていくことは専門家の方々にお任せして
意味があることを知り、力を授かったことを知り、有難く受け入れましょう





スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)