静岡/新茶

  • Day:2014.05.17 23:09
  • Cat:遠出
東海道新幹線の中から見える茶畑
静岡そして京都付近

なんと、今まで間近で見たことがなかったとは…!


今回、縁あってお茶農園へ訪れることができまして…



140517-1.jpg




茶畑に囲まれた風景は
まるで田舎の親戚の家にでも来たような気分になる
ほっとする、懐かしい、そんな昔ながらの日本の風景

「落下する夕方」原田知世さん主演の映画の中で
主人公が帰省したシーンでは(たしか原作にはなかったような?曖昧な記憶)
実家は静岡のようで縁側から茶畑が見えたイメージで(これも曖昧な記憶)

要するに、そんな印象を受けた場所だった


農園のおかみさんは明るくて気さくな方で
図々しくもいただいたお昼ご飯は
グリーンピースの炊き込みご飯、タケノコの煮物、肉じゃが
どれも自宅の畑で採れたお野菜の、独身男性が喜ぶまさに「おふくろの味」で
私自身もこういうメニューは大好きで、とても有難く美味しくいただきました



140517-2.jpg

おまけに、その畑でほうれん草、じゃがいも、スナップエンドウを収穫体験まで!
童心に帰ってしまう♪



ご主人もまた気さくな方で、茶畑のお手入れをする農機具、
そしてお茶を摘んでから蒸したりする工程を機械を見せてくれながら
丁寧に説明してくださいました


新茶と呼ばれる一番茶、新茶を摘み取ったあとの二番茶、夏に摘み取る三番茶

三番茶まで摘み取ろうとすると、畑の維持や管理がとても大変だという

茶畑をみると、ところどころに小さな風車があって、
それは冬に霜が降りないようにするためにつけているのだとか

そして夏の炎天下での農作業はたしかに体にこたえることでしょう
もう高齢だから…と、今は新茶しか出荷していないという




140517-3.jpg




お茶のいちばん美味しいところを、心を込めてお客様にお届けしている

茶畑の後ろにある山の斜面にはミカンの木が植わっていて
秋には早生ミカン、そのあとは甘夏が成る


ふだん何となく飲んでいるお茶の一杯も
出所をたどってみると、実は手間がとてもかかっている

大切に育まれたお茶なんだということを再認識
(お茶に限ったことでもないのだが…)


一服


丁寧にお茶を入れて、美味しさを味わう
味わう時間を持てること
人とのつながりを有難く思う時間を持てる心のゆとり





せかせかせずに、一息つこうよ
お茶飲んで






スポンサーサイト

Comment

Re: おめでとう☆
おひさしぶりです!
そしてどうもありがとうございます^^

さり気なく少しずつ着実に歳を取ってゆくんだな〜

お元気かしら?
また飲みにいく時間でもとれたらいいですね!
  • 2014/06/04 20:45
  • YUKI
  • URL
おめでとう☆
お誕生日おめでとうございます。
色々素敵な経験をされているようですね。
今年一年 ○○才の素敵な経験がありますようお祈りしています。
  • 2014/05/27 23:04
  • miyaP
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)