越後妻有トリエンナーレ2012_vol.2

  • Day:2012.09.25 23:40
  • Cat:ART
観てきたたくさんの作品を紹介していこうと思ったが
それらの作品は、Webで、書籍で、気軽に閲覧できるということに今更ながら気づいたので
適度に写真を交えて、漠然と思っていることなど独り言を記してみます ヒトリゴト



図書館、図書室、本屋さん

本がたくさんある空間は、好き

独特の紙の匂い
雑誌コーナーよりも、文庫コーナーのほうが紙質の匂いがイイ


※天の光、知の光-Ⅱ 妻有田中文男文庫 /カン・アイランe6.jpg
古民家の薄暗い部屋 LEDで発光する書籍の本






※安堀雄文記念館/木村吉邦e7.jpg


職人さんの創った不思議な楽器やオブジェが多数

からくり的な引き戸やら、遊び心満載そして木のぬくもり




木造家屋って、瀟洒なマンションよりも、明らかに温かみがあるネ



夏は日差しを遮って、入ってくる風が肌にやさしくって




e8.jpg








※下条茅葺きの塔/みかんぐみ+神奈川大学曽我部研究室e9.jpg
ほくほく線の駅前にそびえ立つ茅葺き屋根の家

中を見学させてもらえて、ここもまた地元のおじさんが
ぶっきらぼうな口調だけど、丁寧にあれこれを説明してくださる






※下条プロジェクト/キドラット・タヒミック×小沢剛
e10.jpg

背面のちいさな小屋の壁面は、なんとリバーサルフィルムが貼られています

このラッパも、リバーサルフィルムでできていて
驚くくらいに甲高い音が出る


リバーサルフィルムといえば
デジカメが登場する前、20代から30代前半まで使用していてさ

撮り貯めたフィルムは捨てることができずに
見返すこともなく、データ化することもなく、ただ残してある

・・・もう 処分してもいい頃だろうか

なんせ、決して安くはなかったので、容易に処分できなくて

そんなフィルムをラッパに変身させようなどという発想は全く浮かばなかった





e11.jpg
ボクたちもちょいとお邪魔しまーす






e12.jpg
よーく彫れていること!表情怖いね





十日町の夏は
じとっと蒸し暑く、日差しはきつく、それは東京以上でありました

空の青さも、東京以上でありました


こんな暑さが夏に在りながら
冬は日本でも有数の豪雪地帯で、4m以上も積もってしまうとか

北のパウダースノーとは違って、水分を含んだ重いびちゃっとした雪なので
家がつぶれないように、このあたりの住宅は屋根は雪が落ちやすいようになっていたり、1階部分が車庫や物置で玄関は2階にという工夫も凝らされている


ただキレイなだけが自然じゃない

いい季節にその土地を訪れて、いいところだけを観光って どうなんだろう

それはそれで別に構わないのでしょう


キレイな中には厳しさも含まれている ということも
忘れないでいたいと思うだけ。













スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)