呟き・バス

慌てて乗ったバスがいつもとは違う路線バスで
家とは違う方向に走っていった

開き直って終点の札幌駅まで行ってしまうか
見慣れた場所で降りて歩いて帰宅するか

後者を選択
歩いて帰れない距離でもなかった
でも
思っていたほど暖かくもなくて、歩いていると顔がヒリリと痛い
手袋もマフラーもなかったので
歩くのは断念して地下鉄に乗る

日照時間も短くなったし
雨降りがいつのまにか雪に変わっていたり
日に日に寒さが増してゆく

気軽に散歩もできなくなってきたな
スポンサーサイト