空気入れ


とにかくまだまだ慣れないことだらけの初心者自転車乗り



本日のくせ者は、空気入れ

ママチャリと違って、ただ空気を入れるだけではダメで
空気圧も適性でないとならないそうなので
空気圧のメモリが付いた空気入れを用意

自転車を買ったときに、店員さんが教えてくれたはずなのに
いざ自分1人でやってみると、この空気入れの使い方が分からない

簡易的な説明書は全部英語

バルブの形状も自転車によって英式・米式・仏式と違う
Forceは仏式らしいのです

上手くはまらないし、はまったと思って空気を入れ始めたはずが
逆にどんどん空気が抜けていって、ペタンコになってビックリ

固定する黄色いレバーの位置が間違っていたのだ



気圧のメモリ4〜6が適量なので5を目指して入れ始める

どんなにがんばっても4以上いかなくて、さらに困る
今度は空気入れ本体のネジが緩んでいたのだ
コチラも解決して、無事に5まで達成!

いちいち時間がかかる

やっとこさ乗れる状態になり、ちょこっと近所を走る

いつもの多摩川の土手〜羽田空港の見える天空橋(海老取川)まで行き
日なたで飛行機をぼんやり眺めながら、自分の体力のなさをしみじみガッカリ思い、
ようし!今年は体力をつけるぞとなんとなーくだけど自分に誓うのであります
スポンサーサイト