ROLLING STONES!

ロックコンサートは何年ぶりのことだろう
聴かせる音楽、矢野さんとはジャンルの異なるローリングストーンズ

海を越えて、はるばる札幌までやって来てくれました

高すぎるのでチケットは売れ残り、当日券まであったので
広い札幌ドームでスカスカだったらつまらないよ、と不安がありました



ドームへ向かう地下鉄は首都圏のラッシュ並みに混んでいて
到着したらかなり人がいたのでひとまず安心
会社帰りのスーツ姿のサラリーマン、若いカップル、母と娘、さまざまな年齢層の客層
でも中高年の男性が目立ったような気がします



始まる前だから写真撮ってもイイかな

思っていたより悪くないスタンド席でした



7時から前座の演奏があり、それから40分程たってからストーンズのコンサートが始まる!
1曲目からほぼ総立ち
1人で来ていたお兄さん以外周りの人は総立ち状態
この札幌ドームができてからアリーナを含むほとんど総立ち状態になったのは
今回が初めてだったというそんなうわさも出るくらいの盛り上がりでありました

スーツ姿のおじさんや仕事バリバリしていそうな中年女性が
曲が始まると豹変してノリまくっている姿を見てビックリだけど熱気が伝わって来ます

「札幌に来れてなまら嬉しいっしょや~」
「次は新曲だべや」
みたいな北海道弁で演出してくれたミックさん
ステージ上で煙草吸いながら演奏しちゃうキースさん
かっこいいおじさま達




熱心なストーンズファンではなかった私ですが
そんな人ですらじゅ~うぶんに楽しるコンサートでした

もう二度と生のステージを見られないかもしれない(みなさん高齢なので)
もう一度見ることができたらかなり、ラッキー
みんな60歳を過ぎているのに、あのパワーには圧倒されちゃうな




調子に乗ってグッズも買ってしまう

この光るバッジをたくさんの人が服につけていて
客席は青と赤のチカチカする光が蛍のように灯ってキレイ

悲しいことにバッジの付け方が分かったのは帰宅してからのことで
会場では蛍の一員に加わることができなくてそのことだけがとても無念
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。