益子

  • Day:2011.12.17 23:07
  • Cat:遠出



唐突に、湯のみを探しに益子へ

東京でも冷え込む土曜日
栃木ではきゅっと厳しい冷えが肌に突き刺さる

ああ 冬だ







昔ながらの益子焼ってポテッと厚く、柄はどことなく野暮ったく、
実家や親戚宅にかならず1つはあった
そしてリーズナブルで意外と頑丈なので使い勝手が良い

そんな印象を色濃く持っていた






ほぼ20年ぶりに訪れた益子の町は、一部分だけ雰囲気が変わっていた
若手作家さんたちのお店が増えてあか抜けた益子焼になったみたい
価格もとくべつ安くもなく・・・陶器市だと安いのかな?



素敵な湯のみを見つけることができたのでそれはまた別の機会に






湯のみを買ったお店の玄関には野草で作られたリースが飾られている
フウセンカズラと朝顔で編んでローズマリーと柊も添えたのだとおっしゃる

身近にある素材でちゃちゃっと作ることができるのは
やはり陶芸でモノづくりをしている人が根っから持っているセンスの良さが大きいかと

フウセンカズラの種を見たことがないと言ったら、種を分けてくださいました







なんと、天然のハート模様ではありませんか!
植物を育てるのが下手だけどこれは絶対に植えてみよう






はにわのお店は健在だった
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。