義士祭

  • Day:2011.12.14 22:22
  • Cat:都内







歴史の詳しい人、または一般常識を兼ね備えた人ならばご存知でしょう

昔むかし12月14日、大石内蔵助率いる赤穂浪士47名が吉良邸に討ち入り
吉良上野介のお首を持って泉岳寺まで赴いた・・・
忠臣蔵だかテレビの時代劇やら歴史小説で有名

「義士祭」というものが行われて、47名の赤穂浪士たちのパレードがありました










右の人が大石内内蔵助役
地下鉄泉岳寺駅付近の第一京浜が行進ルート
うすら寒い午後、それでもかるーく人だかり


行進はあっという間に過ぎていってしまうんだけど





デジカメやケイタイで遠慮がちに撮影する人も多い中、我が社に顔を出す男性(65歳)は
一眼デジカメを抱え、誰よりもいい場所で撮影しようと真剣に場所取り
あげくの果てにはパレードの先頭にいる白パトや警官にも「どいてください」と堂々と申して
ベストポジションから渾身のベストショット撮影に成功
たいしたものだ

世の中、オバサンばかりが図々しい生き物のように批判されているけれど
私にとってはオジサンも相当な生き物だと思う
頑固、硬派がオトコだ!などと信じて疑わないし
自分の非は絶対に認めないし、融通と人のハナシはきかない
そしてワガママやりたい放題言い放題自分勝手


だいたいアナタみたいな人がいるから警官だって警備に出動するのでしょう

…と言ったところで聞く耳も持っていないだろうから思うだけに留めておいた

本人シアワセそれでよし






さて、泉岳寺では縁日
出店があり、会社帰りの人たちでわいわいと賑わう








ここ泉岳寺には赤穂浪士たちのお墓もある(後日行くことに)

歴史に興味を持つきっかけができたような
スポンサーサイト