神宮外苑2011andその他

  • Day:2011.11.26 23:39
  • Cat:都内

秋の東京 大好きな場所





日当りのいい樹と、そうでない樹と入れ混ざっていて
まっ黄色のイチョウのアーチではなくて
黄色、黄緑、緑の曖昧なグラデーションが美しい並木道








剪定し過ぎでちょっとやせ細ったイチョウに見えなくもない
お掃除し過ぎか、まだ早いのか、イチョウの絨毯にもなっていない

毎年足を運んでいる神宮外苑
今までと違うのは、今回は自転車で行ったこと








ときどき通勤に自転車を利用しているので
僅かながらも自力で行ける行動範囲が広がったこと
そして微力ながらもちょびーっとだけ脚力がついたかな
などと思えるようになったのは、走った後の疲れがほとんどないから

まぁ、ぜんぜんスピード出していないから疲れないんだろうけど








そして、青山墓地の桜並木が赤く染まっていた

日没も早くなり、夕方の5時にはもう暗くなってしまうので行動時間は短い

日中のポカポカの日差しや風を敏感に感じられるのは自転車ならではのこと



最近読んでいる本、忌野清志郎さんの
「サイクリング・ブルース」から少々引用させていただくと

自転車に乗ると、風とか雨とか自然との距離が近くなって
自然への畏敬の念を強く感じる




車にビビり、車と歩行者に最大限の気を遣いながらチマチマと走る都内では
あまり感じられないかもしれないけど
郊外で走ったりすると、より一層実感するのだろう



何よりも大事なことは自己満足
自分の走りに納得できれば、それでいい。



う~ん、かっこいい

まだまだ納得いかなくても、自分のこのペースで楽しんでいるので自己満足度は相当高いかな
スポンサーサイト