黄金町バザール2011

  • Day:2011.10.29 23:58
  • Cat:ART

ヨコハマトリエンナーレ2011 第3弾

特別連携プログラムとして、会場は京急の日ノ出町~黄金町の高架下付近

黄金町バザールは毎年行われているらしく、
今年はトリエンナーレに合わせて会期を長く設定しているそうです




キリン…?!


戦後、青線地帯となっていたこの一帯を変貌させるべく
警察や企業や地元の人々、アーティストたちによって街を再生

90年なかば、「私立探偵濱マイク」という映画で
この黄金町が舞台となり、舞台となった横浜日劇まで映画を観に来たけれど
その頃と、その映画と、 今では雰囲気が全く違う

ちなみに、その日劇も数年前に取り壊されてしまったとか。。。
道理で探しても見つからないハズ



こういうことでした




売春や麻薬の密売などを行っていた飲食店が続々と閉店となり
空き家となった店舗などに、新しくカフェができたり
アーティストのアトリエや、展示スペースが設けられている









長屋のような狭いスペースに、はち切れんばかりの若い創作品









面白い空間が展開










街全体が学園祭みたいなノリ!









午前中から夜まで飽きもせずほっつき歩いてしまった・・・


ダークなイメージの黄金町からガラリと一転

以前だったら、夜は女性ひとりでは歩きづらかったかも(歩いたことはないけれど)
今なら、ぜんぜんOK
小洒落たバーにもひとりで入っても違和感はなさそう(ひとりで行ったことはないけれど)









再開発などで長いこと馴染んできた建物などが取り壊されて
街並みが変わり、近代風の街に生まれ変わってゆくことに対して
時々受け入れ難い感情などもあったりする

ここは、違う
いい意味で、生まれ変わろうとしている
街全体と、ここに携わる人々たちのちからで。

今後、どのようになってゆくのか

時々訪れて、その様子を体感してみたい







ひさしぶりのハートランドも、するすると胃の中に収まる







ブースごとにランダムでスタンプが設置してあり、
スタンプラリーにも夢中になる

小学生が駅のスタンプ集めをする気持ちが擬似的に分かったりして
童心に帰りますわね


3つは飲食店の利用、またはお買い上げで頂けるスタンプなので
あと2個足りずにコンプリートならず!惜しい!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。