お肌対策/石けん


ここ数年、めっきりと肌が弱くなってしまったので
なるべく既製品は使わずに
石けんや化粧品なども自分で調合して作ったりしている

失敗や自分の肌に合わないことは多々在あるが
あれこれ試して、まぁこんなんでいっかなー
・・・こんな適当さでやり過ごしている

高額な化粧品を購入したはいいけど、合わずに使い切れなかったらモッタイナイ。。。
ようするに、貧乏性が功を奏して?趣味にも繋がっている

石けんを作る人のことを、巷では「ソーパー」と呼ぶ らしい

余談ですが、わたしはベーグルを作る・食べるのが好き
そんな人のことを「ベーグラー」と呼ぶ らしい

いろんな言葉やら名称があるもんです

ソーパー同士で、ときどき、それぞれが作ったものを交換しあう
それがまた楽しい


さいきん、友人が送ってくれた手作り石けん
おまけにバラの香りが高貴な気分にさせてくれるルームフレグランス(こちらは既製品)まで添えてくれました



表面にハーブを散りばめたり、ラッピングも可愛く凝っていて
女性ならではの心配りたっぷりの贈り物

嬉しいね


こちらから送ったのはローズマリーの石けん

彼女とは作り方が違うので、仕上がりはシンプルに素っ気ないものに。
ラッピングもトレーシングペーパーで、ちょーっとだけ包み方を凝らしてみたりして

飾りに、以前ハマりまくっていたビーズアクセサリーのピアスをちょこんと。

一度に作る量は牛乳パック1本分
カットしてだいたい6個分の石けんが出来上がる
オイルによって効用が違うので、たくさんの種類の石けんを作りたいけれど
やはり2年以内に使い切れる量がちょうど良い感じなので
欲張らずに年に2~3回仕込むペースがよさそう

「クレンジングも洗顔も身体にも髪の毛にも石けんを使う」
と言うと、みんな驚きます・・・

石けんシャンプーは、病みつきになる

ただし、石けんは水に溶けるとアルカリ性になるので
すすいだ後は髪の毛がゴワゴワと軋む

なので、リンスには酸性のものを。
クエン酸やお酢を水に薄めてすすぐとサラサラサラ~
今はミツカン酢にハーブのローズマリーを浸けたものでリンスするのがお気に入り
夏はこれでサッパリです

来月あたりに、秋冬用の石けんをさあ仕込まなきゃー
スポンサーサイト