日原鍾乳洞

  • Day:2011.08.13 23:14
  • Cat:都内

暑い~~

暑い~~

涼みに行きましょうよ
ということで







奥多摩の日原鍾乳洞






訪れるのは2度目で、前回は高校を卒業して間もない頃だから
かれこれ20年以上ぶり

車数台で行って、たしか駐車場で上の方から小さなものだけど落石があり、
人や車には幸いにも当たらなかった
・・・そんな記憶しか残っていない<
たぶんその時に利用したであろう駐車場は
3月の震災でかなり落石があったらしく、現在使用不可能

臨時の駐車場から、森の中を歩いて鍾乳洞へと向かう

下界は晴れ~曇りだったのに、青梅駅を過ぎてからいきなり豪雨!
雨が降っているのに、ものすごい湿度

歩いている間は強い雨ではなかったので、よいよい






さて、入りましょう
入り口に立った途端に、もーびっくりするくらいの冷気と寒さ!
こ、この温度差は…

借りた上着を一枚羽織っても、ひんやりと寒い
エアコンの冷気の比ではない

中 約11度  外 約3○度  気温差ほぼ20度





中は暗くて湿っている

光が足りず、手ぶれ写真




気の遠くなるような時間をかけてできた岩の形

恐ろしいくらいの自然のちから




これは、うっすらと記憶にあるな
あとはほとんど覚えていなかった ってどういうことだろう


はなみずズルズル 指先はかじかんで感覚がなくなりつつある
涼むどころかじゅうぶんすぎるくらいに冷えきってしまった

鍾乳洞を出てから一時間くらい寒気は治まらなくて
指先にもチカラが戻ってこないのに<
皮膚は湿気でじとじとしていて、これも妙な感覚

下界に戻ってきてようやっと身体の感覚も戻ってきて
夜になったせいもあってか、その後しばらくは全く暑さを感じず

自然のなせる技には、人間ぜったい太刀打ちできない
スポンサーサイト