笠間

  • Day:2010.05.02 22:38
  • Cat:遠出

ちい散歩というタイトルで昨年6月にアップした自分のブログに
昔訪れた茨城県の笠間について触れています

シーズンオフの11月
人も少なく、行動範囲も狭かったせいもあり
さほど派手な焼き物の町には思えなかった印象が残ってます


急に思い立って、行ってきたんですが……前回はなんせ1991年
えらい時間が経過している

なんだかずいぶん違うよー!





今回の足はレンタサイクル
がんばってくれました







焼きもの通り、ギャラリーロードとか名前のついた道があり
陶器のお店が点在しているんですね
歩きの方がゆっくりと1軒1軒店を覗けるのですが
日差しの強さや体力的なモンダイも含め、今回はチャリで正解






和食器は大好き
食器棚を好みの器で埋め尽くしたい!…若い頃はそんな夢もありました
いまは物欲は置いといて、鑑賞に耽ります

若い作家も増えたのか、笠間焼に抱いていた印象がガラリと変わり
全体的にモダンに、お洒落な作風になったような気がします


お洒落なギャラリー兼店舗もたくさんある
イラストを展示しているギャラリーもある



そして観光客もずいぶんいるんだなあと感心していたら
陶炎祭(ひまつり)という陶器市とツツジ祭り開催されていたので
なおさら賑わっていたのです







自転車で見慣れない町をゆらゆらと走り回るのって目にする景色が新鮮で、楽しい♪
輪行バッグに自転車入れてきて、走り回っている人も見かけた

地元のおじちゃんが教えてくれたお蕎麦屋さんも美味しい


後からの思い込みで記憶(印象)が上塗りされている部分と
20年の時間の経過で変化した部分との違いは自分の中でハッキリと区切られていない

そんな曖昧さも、悪くない

笠間焼
魅力的な器が多かった

スポンサーサイト