ゴールデンスランバー


基本的には、原作を読んでから映画化された作品を観たい派
「映画か本のどちらかでいいじゃん」
ともよく言われますが、それぞれ楽しみ方感じ方が違う

今回は原作よりも先に映画を観た
ゴールデンスランバー

まだ読んだことがない、作家の伊坂幸太郎サンの原作であることと
タイトルがビートルズの楽曲に由来しているという、この2点が非常に気になっていたので

自分自身も自分を取り巻く環境も変わりつつある、20代後半から30代前半の微妙な時期を
わたしはもうとっくに過ぎてしまっているんだな

俳優さんも原作者も、わたしよりも下の世代なのダ

斉藤和義さんの唄うゴールデンスランバーは映画にとても合っていたし
ストーリー展開もテンポよく、心情的に共感できない部分はあっても引き込まれる作品

これは原作を先に読めば良かったのか、映画が先で良かったのか

スポンサーサイト