ビンディング


自転車の靴とベダルを替えてみました
きょうは自分のための覚書

スニーカーの靴ひもが邪魔で気になって仕方なかったので自転車専用の靴があれば…とネットで調べ、
お店で履き比べているうちに、たどり着いたのがこの靴と、そして必要になってしまったビンディングペダル





足のサイズは日本人に多い幅広ですが縦が短くて22.5cm
厚めの靴下を履いて23cm

自転車用の靴はメーカーによってサイズがまちまち
SHIMANOだったら
36→22.5cm  37→23.2cm  38→23.8cm  …と、微妙

今回、自分の足にジャストフィットだったのがSIDIの37というサイズ
ここのメーカーのはSHIMANOよりつま先がやや細め

薄手の靴下を履くこと!

靴を履く時は前傾姿勢になり、自転車を漕いでいる時と同じ格好でマジックテープで足首をしっかり固定し、
靴の中で親指が先にあたらないよう、そしてかかとも浮かないように
…などなど店員さんの親切な助言をいただいてたかが靴なれど、奥深いことを改めて知る



靴の裏にこの、クリートという金具をつけてペダルにカチッと固定させて漕ぐのだそう
靴とペダルを固定させることにより、効率の良いペダリングが出来るのだとか
それに、引き脚が使えるので、坂道などで脚への負担が減る…?

この靴に慣れるために昨日は特訓をした訳で
脚がペダルにくっついたまま転倒してしまうとどうなるのか、というのを身を以て体験
相当マヌケ

人気の無い所でもっと練習しておかないと
公道で立ちゴケしたときに本当に車にぶつかって死んでしまいそう

公園の芝生の上で、脱着の練習をしていたら
補助輪を外して自転車に乗る練習していた子供の頃を思い出した

頭で考えるだけじゃなく体で覚えていくこと
こういうの、大人になってからあまりなかった

数回転んだので、体のあちこちが打ち身で痛い日曜日
スポンサーサイト