御岳山/滝行

数年前からN先生から話を聞いていて、絶対に行ってみたいと思っていた滝行
実現するまでに時間がかかったな

今がベストなタイミングだったのでしょう、きっと。


御嶽・滝行2017
photo by iPhone:2017.08.06


アーユルヴェーダでは
5つの元素から宇宙の万物は成り立っているといわれている
空・風・火・水・土

宇宙の始まりOMの振動から空が生じ、それに動きが加わり風になる
さらに熱(激性)が加わり火になって、重性が加わり水になり
そして暗性が加わり地となる

五大元素はあらゆるものと関連している
物質、心、目に見えるもの、目に見えないもの…


陰陽五行説では
万物は陰と陽の二つのエネルギーで構成されている、といわれている
そしてその万物は木・火・土・金・水の五元素の性質を持ち、それらが互いに影響しあって
宇宙が成り立っていると考える

アーユルヴェーダの五大元素は万物の性質を表し、
陰陽五行説では自然のエネルギーや動的な力のような概念ととらえられる


知りたいと思って進んで学びはじめたこと
ヨガ〜アロマテラピー〜お香〜チネイザン(氣内蔵マッサージ)
アーユルヴェーダ〜チネイザン〜東洋医学と繋がってきているから面白い

自分が何でできているのか
この不調は何処からくるものなのか
不足しているものは何なのか
だったら何を足していけばいいのか、調べる、実践する


先月の信濃大町といい、今回の滝行といい、水に縁がある夏だ
自ら進んで水の元へ赴いたことになるんだけど

その力、水の浄化作用は大きい。


1日目は夕方に
2日目は早朝に滝行をおこない、
初日はさすがに緊張もあってかリラックスしきれなかったと思うが
水を浴びて着替えた後は、水を浴びる前と違って空が、緑が、びっくりするくらいみずみずしいのね
そして暑かった山道で汗だくになった体も冷たい水を受けてさっぱり
体だけでなく、もちろん心もすっきり

2日目は「水に委ねて」「受け入れて」との言葉をしかと受け止め、
祓戸大神(はらえどのおおかみ)を唱え続けた

滝行を引率指導してくださった人の話によると
私自身はあまり自覚はなかったのだけど、滝の水と一緒に邪気だか不要なものが流れ出て
それが風となって出てきてその人がその風を感じたのだとか。
ときどきそういう人がいるんだって

「すっきりしたでしょ。顔つきが違う」としきりに言われてもどうもピンと来ない
たしかに冷水でスッキリはしている

滝行をしてそのまま下山してしまうとパワーが強すぎるとのことで
そこの宿坊では、朝食後(夕食後も)に呼吸法と瞑想そしてクリスタルボウルを聞いてクールダウンして
落ち着かせてから解散という流れになっていた

クールダウンの時間が私には足りなかったのか、下山してから帰宅するまで
なんだかぼんやり
下山してから昼食にお蕎麦と、昼間から飲んでしまったビールも相乗して猛烈な睡魔も。

滝行終えて2日経って、ようやっとかなりクリアになってきた!


自分には水が足りなかったの?欲していたの?
火が多すぎたの?

…勉強しよう










スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)