女子会

いくつになっても女子は女子会
今回は3人
そのうちの1人と私は20数年ぶり、彼女同士は33年ぶり、つまり中学を卒業してからまったく会っていなかったんだとか!
その数字に愕然とするも、それぞれ顔に刻まれたシワや、彼女たちの産んで育てた子供の年齢を考慮すると、33年という時間の経過も頷ける

隠す白髪
荒れた手
すっぴん

みんな老けた

生活水準がほぼ同レベル
やはり同郷の、似たような環境で育った者同士だからこそ付き合いも続いていたのではないか

とはいっても付き合いなんて薄っぺらい年賀状1枚だけこやり取りが20数年
それだけで繋がっていたのかって思うと年賀状も侮れないのだな


そして今回はみんなバツイチ(*´ω`*)

別れた理由は
ギャンブル依存症
モラハラ

相手に対して抱く感情がそれぞれであったとしてもね、別れるにはとてつもないチカラが必要なのである

子供3人かかえてシングルマザー奮闘中の彼女
子供3人育て終え、旦那からも解放されて今を謳歌している彼女

ふたりとも芯が強くパワフル!
子育ての話題には付き合えないけどね


20年数ぶりの再会を果たした友人とは年賀状を欠かさずにいたので、か細いながらもずっと繋がりがあった

私はモノを後生大事に抱え込む人間で
言われた言葉、態度・対応などよく覚えている。それも相手は覚えてもいないような取るに足らないこと達を
そして物質としては、幼少時代からの年賀状や手紙も未だに実家に保存してあるという…( ̄ー ̄)
終活としてそろそろ処分してもいいのかな、と直近数年の賀状をパラパラと眺めていたら、20数年ぶりに会った友達からは毎年同じようなメッセージが書かれていた

実家同士が近いので、帰省の際にはいつも私の家を気にしていてくれていたのだ
携帯に電話をくれていたのに、いつも出てくれないと(全然気づかなかった)書かれていた

年賀状を出しても正月過ぎて5日か6日あたりに毎年彼女からの賀状が届くので、この人はくれた人にだけ出すタイプの人なのだなと、一方的に判断していた
実際そういう人は何人かいて、裏を返せば私が賀状を出さなくなれば繋がりは途絶えるということなのだ

LINEも既読がつかないから再会にも乗り気じゃないのかなと思い込んでいたけれど、彼女と会って現状を知り、スマホも頻繁に見るわけでもなく、自分の賀状なんて後回しになってしまうような生活を送っていて…
自分の物差しで他人を見ている自分を認識してしまった

メッセージは遅れてくる賀状にちゃんと記されていたのに、自分は読解力すらないのかと、ほんっとに自分のバカさ加減に笑えてしまった


地元以外の人、社会に出てから出会う人々は、学歴やその後の仕事や趣味や興味の対象が自分の視点とは全然違うことばかりで新鮮であったり、気後れするものでったり、劣等感を感じる事であったり、共感できない事も多々あったり、大いに興味深く惹かれるものであったり様々である

これもよし


思春期・成長期に時間を共有した友だちというのは、無条件で無防備に安心できる最高の宝物なのかもしれない

物質として残さなくても、しっかりと自分の中に根付いているもの

人に見せびらかすモノではなくて
SNSの友達の数ではなくて
他人と比較する必要もなくて

そんなふうに大切な、友だち



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。