お通夜

行かなければ後悔すると思ったので、行った



感謝とお悔やみの言葉を

身体が存在しているうちに伝えたかった





漢字5文字の本名

初めて知った



私はいったいどなたのお通夜に来たのだろう?

遺影は、先生だ



レッスン後に受付傍に立っているときの服装

帽子にメガネにほどいた髪のね



レッスン中は髪を束ねているし、グレーのタンクトップなので、私服になるとガラリと印象変わる



沢山の人々が弔問に訪れていた

先生を慕う人の多いこと多いこと



スタジオで見かける人もちらほら居る







今でもまだ信じられない



本当に死んでしまったの?

どうして死ぬのが先生だったの?



話の続きが聞きたいのに!



でもそれはいつか自身で体験して分かることですよなんて言われるかも…と想像してみる



奥様と小さな2人の娘さんを拝見して胸が痛く苦しくなった

家族を大切にされていたものね



父親が、娘の成長していく姿を見られないのは残念



残されたご家族も、周囲の人々もは

まだまだ生きなければならない



大丈夫

沢山の人々がご家族をちゃんと見守っている

先生の志を引き継いだ人々が沢山いる





目醒めたい人々が探しているものを、見つけられたのですよね、きっと。





安らかにお眠りください



お疲れさまでした

そして、ありがとうございます







こんな文章を書いていてもまだ信じられないんだけど…







スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)