つくばりんりんロード

つくばりんりんロード

誰が名付けたか分からない
廃止された筑波鉄道の線路跡に造られたかわいらしいネーミングのサイクリングコース

常磐線土浦駅から水戸線岩瀬駅までが正規のコース

やや渋滞に巻き込まれて出遅れてしまったので、途中の虫掛という場所からスタート



車、信号、通行人を気にせずに、快適に走れる一本道!
ときどき地元のおばあさんや、犬と散歩している人とすれ違うと
気さくに「こんにちは~」と声をかけてくれる





小規模ながらもちらほらと そば畑



前方に筑波山、走り進めると右手に筑波山
辺りはのどかな田園風景が広がる

枯れたアジサイの脇にコスモス
あぜ道には彼岸花
小ぶりのひまわり
ザクロの木、柿の木、レンコン畑(花の見頃だったら絶対キレイだったはず!)

走っていて、飽きることがない



北条あたりからコースを外れると日本の道百選に選ばれた筑波山参道があります
横断歩道の旗入れ&女の子マネキン、昔あったよ
この女の子、顔だけリアルにオバサン




くっきり筑波山
山からの風は決してゆるくなく、荒川の川風よりもキツく感じることなく
あまりスピードも出さなかったこともあって
全体的にとても爽快に走ることができたように思う

元駅だった場所が休憩場所になっていておトイレもきちんと設備されていて良心的なコース
かつて鉄道が走っていたという名残の線路跡がところどころあるのも面白い

欲を言えば、もう少し飲食店があってもいいかな







日没、これまた久々に見ました

日暮れも早くなり、夕方になると風も冷た
ひと月前とは体感的にかなり違ってくる

結果的にはゴール一個手前の雨引というところで折り返しという非常に志半ば的なサイクリング
自分の体力、そして時間的にも考慮してこれが妥当

途中、ザクロの木を左手で指差した時に右手でついブレーキをかけてしまい、つんのめって転倒
右腕にすり傷と、左ふとももにすり傷と強打のあとが・・・
注意力散漫 わき見運転もほどほどに。
スポンサーサイト