意識を向ける部位

月初の土曜日はシバナンダとアシュタンガの2本立て



できることなら、一日に受けるヨガは1人の先生、1種類にして

その日に教わったことや、印象に残る言葉などを

じっくりと自分の中に浸透させてゆきたい・・・のだけれど



タイムスケジュールがとにかく合わないので

今日のように好きなクラス2つをまとめて受ける形になってしまう







今日はアシュタンガ編/覚書



ユージ先生は、毎回生徒さん一人一人に名前を聞き、一声かけてくださる

きちんと手帳に名前を書き書きするのはずーっと変わっていない



シャドウ・ヴィンヤサからアシュタンガに変わってから

かならずと言っていいほど「無理しないように!」と私にお声かけ。



・・・そんなに無理しているように見えるんですかね^^; 情けなっ



たしかにレベル的には低空飛行だし、後半は相当バテている

スタミナ不足ですし、身体のあちこちに故障を抱えてもいるし。



でも毎回少しずつ発見があって、時間はあっという間に過ぎてしまう

終わった後は憑き物が落ちたように、スカッと気分が良くなっているんだな



家を出る前は出かけるのが億劫だな~ などと思いつつも

家に帰ってからは やっぱ身体動かすと調子いいよ! と悦に浸る



翌日に筋肉痛が出てしまうので、やはり先生のおっしゃる通り

無理をしているんだろう



腹式から胸式呼吸に意識を変えて、下半身重点的シャドウから

全身、とくに腕まわりをよく使うようになったので

腕力がないな、肩が弱いな、などなど自己流に解釈していたが

どうやらその考えも微妙に違うらしい

もちろん腕や肩周りの筋肉強化は必要だけど

上半身にばかりチカラを入れずに、骨盤、お腹周りから動くようにすると

腕や肩に過剰なチカラが入らなくなるんだとか



へぇ、そうなのか

わかったつもりでいても、流れやリズムに乗ろうとすると

わかっていることを実践できずに終わってしまう



練習の積み重ねだね







レッスン中、2人一組のペアになって補助しあう時間がある

運良くベテランさんと組めて

いろいろアドバイスまでしていただいて、ありがたきこと♪

(不出来の私とペアになってしまった相手の人には申し訳ない感じ)

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)