終わりと始まり

ヴィンヤサフローという名前のレッスンが先週で終了

そして今週からユージ先生はアシュタンガに導いてくれる



ユージ先生のレッスンを受け始めたきっかけは

東京でシャドウヨガを教えられている人を紹介して頂いてから



先生独自のスタイルがとても大好きで、毎回楽しみながら身体を動かした

シャドウののれんがなくなったあとも

よそでは絶対に得られないような不思議な感覚、気の流れなど

これらもやはり好きなレッスンだった



20人前後だった先生のレッスンは

「アシュタンガ」という名前がついただけで1.5倍くらいの人数にふくれあがり

これでは人集めのためにレッスン内容を変更させたのかと思うような

ヨガスタジオの経営促進の思惑も薄々と漂う



今までのややマニアックなスタイル、よかったのにな





けれどもけれども、



ユージ先生のアシュタンガ、めちゃめちゃ面白い

こんなに楽しかったら、リピーターが増えてしまう

予約が取りづらくなっちゃう





新しい状況を受け入れていくことも自分には必要

過去と比べることなく、今ある状況を楽しんでゆける自分でもありたい



思えば、アシュタンガだってトライしてみたかったけれど

自分の都合に合う時間帯にレッスンが無くて機会がなかったわけだし



偏見ある先入観はとっとと捨てて、

これからも楽しんでゆこう









スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。