ここの工房での最終日


やりかけの作品を仕上げるために数カ月ぶりに工房へ足を運んだ

うろ覚えでプレス機を使う
ちょっとやそっとで壊れるマシンではないけれど正式に指導を受けたこともないので実はドキドキ
それでもなんとか圧の感覚を腕で思い出しながら奮闘する
誰もいないときに限って調子が悪くなり、刷れずじまいでお終いになってしまうのかと
途中で泣きたくもなるが
なんとか直してなんとか刷り終えることができた



仕上がりは、自分の予想に反した
どこをどんな案配で修正していったらいいのかが判断できなくて
非常に中途半端な作品になる

独学で続けるには途方もなく時間がかかることを改めて体感する
いずれスキャナーを購入したらWebで後悔する程度の作品
または、少し水彩で色を入れて作品として本当の完成にしようか

やりかけたことに、ひとつ終止符を打つ
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)