うめさんのりんご2012


fc2blog_2013013121314332c.jpg


遅ればせながら

最後の1個になって、あわてて写真に収める

この最後の1個も、もうずいぶん前のこと


今シーズンのりんごは
甘さと美味さの密度が濃くて、素晴らしかった



ありがたく、ご馳走になりました


スポンサーサイト

思いが流れる

メディテーション



クラスの最後に、今日はどうだった?と聞かれて



別れた人たちがいっぱい出てきた、と答える



きっと先生は恋人たちのことだと思ったのだろう、笑っていた





死別した人

離婚した人



地元へ引き上げていく友と

新幹線ホームでの別れの場面



地元へ引き上げる私と

地下鉄ホームでの別れの場面



数年にいちどくらいしか会えない友との駅のホームでのお見送り



飲み会でよく会う友と、酔っぱらってバイバイのシーン



車で送ってくれた恋人を路上で見送るシーン



帰る方向が違う恋人の乗る山手線を見送るシーン



さまざまな、別れの場面が次々によぎり、

去っていった



雲の流れのように

走り去る電車のように



さまざまな人と関わり、離れて、

今の自分はココに居る



ただただ

そんなことを認識してた

Read more...

越後妻有トリエンナーレ2012_vol.3

  • Day:2013.01.20 21:48
  • Cat:ART
うぶすな




うぶすな

聞き慣れないコトバ


産土神
うまれた土地の守り神


「うぶすなの家」の語源はここからきているのか調べきれていないが


土と陶器と郷土色濃い家で
地元のお母さんたちのつくる地元の食材を使ったお料理は
ほっこりとあたたかく

ものの価値など関係なしに、古きものを大切に扱う気持ちやら

じわりじわりと 伝わる








うぶすな2



棚田米
むちゃくちゃ美味しかった また食べたい









うぶすな3








Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。