佐渡を走る

荒川の土手を走り、あるときは津久井湖まで走ってみたり、
最近の週末は、ほとんど自転車と関わっておりました。

イベントを控えている時に限って、公私ともに超多忙となるこのフシギ。
この1ヶ月は自宅のパソコンを使う時間がほとんどなかったかも。。。
気力と体力がいつもと違う方向に作用

5月20日 佐渡ロングライド!!

参加してきましたよ~

Cコース:100キロ

AM6:30過ぎにスタート地点河原田に集合して、
順番にスタートをしてゆきます


待っている間のドキドキとワクワクと、かすかな緊張


た、たまらんっ



ひとつの場所に、こんなにたくさんの自転車乗りがいる光景は初めてなので
やや興奮気味、モチベーションもぐんぐん上昇


s1.jpg




女性も多いし、自分よりやや年上の…ご夫婦、小学生くらいのお子さん…
家族で参加なんでしょうね、さまざまな人々がスタートラインにいました


s2.jpg



12人ずつスタートしていって
我々は結局7:15過ぎくらいにスタート~

両津のゴールまでずっと海岸線を走ります
タイムリミットはPM1:30


公道を堂々とのびのび走れるのって、とても気持ちがいいのです!
車や人間に遠慮しつつ、信号でいちいち止まったり、のストレスが無い

下り坂のカーブのきついところや
エードステーションの入り口には
スタッフの人が立っていて
注意を促しつつ、激励の言葉をかけてくださる

島の住民さんたちも、道ばたで声援を送ってくださる
これがまた元気でるんだよネ 嬉しい


練習時の荒川で意地悪された向かい風もなく、穏やかな晴天


なんといっても驚いたのは、佐渡の海岸線の美しい風景です
これほどまでに素晴らしいとは予想外

ここを走れているだけで、楽しい。完走とか結果とか関係なく、ただただ楽しい。
こんな気分、滅多にないな。

エードステーションでは水、スポーツドリンク、おにぎり、バナナ、みかんなどを
いただくことができるので、ちょこちょこつまんでは栄養補給



コースも半分にさしかかってくると、名物Z坂が目の前に!


Z.jpg




「ゴールまで、もう、なんとしてでも走り続けるぞ」
という意気込みはなかったんで、いけるところまで漕いで、
しんどくなったら押して歩いて、
を幾度か繰り返し、坂はクリア



途中の景色がこれまた素晴らしい!



s3.jpg





昇った分、倍のスピードで下っていくわけですが、その途中も海がきれい




s4.jpg




そしてもう1こ、名物の坂

こちらもZと同じく無理せずに。




s5.jpg





2つの坂以外にもアップダウンはあったけれど
案の定へこたれる坂、
へっちゃらな坂と
2パターンあって、普段よりも調子が良くてラッキーでした




s6.jpg





ラスト20キロぉ!ってあたりからは、ゴール目指しながら進んでゆきまして



嘘みたい

100キロ走れてしまいました!!!


ゴール到着時間は、だいだいPM1:15
滑り込みセーフってほどでもなかったので、焦ることもなく
自分のペースでいけたかなという感じです



こうして振り返ると、撮った写真はもちろんのこと少なく
自分が自転車に乗っている写真というものが皆無でしたナ


なにはともあれ、お疲れ様でした



「でかしました」とは、

佐渡のほうの言葉で「よくやった!頑張った!」的な
意味を持つそうです



夕方には、
今日いちにち私達を照らし続けてくれた太陽が
ご褒美にとキレイな夕焼けを見せてくれました




s7.jpg





佐渡はいい島 今度はゆっくりと観光もしたいね
駆け抜けて終わってしまったんで。。。




s8.jpg



唐突で無謀なチャレンジにもかかわらず
周囲の人たちから励ましのお言葉をかけていただいたきました
現地のことなど調べて情報を提供してくださった方もいました

毎週のように練習につき合ってくれた相棒さんと
今回の佐渡行きに同行させてくださったお兄さん、そして
島でお世話になった方々・・・

皆さん、
本当にありがとうございました 




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。