山手



高校生の頃から気になっていた

存在は知っていて、何度か車で店の前を通り過ぎた

そして
一度は訪れてみたい とも思っていた


1人ではなく




「海を見ていた午後」


ユーミン

といえば、ドルフィン









もちろん、注文したのはソーダ水


土曜の夜だというのに、客はわたし達だけで貸し切り
ウェイトレスは外人さん

ここだけぽっかりと時代が取り残されてしまったみたい



雨降りだったので三浦半島も見えず
あたりにはマンションが建ち並んでしまっているので
歌とはだいぶ景色も違っているのかも


お決まりのことなんでしょうか

席について注文の品が揃った頃、BGMは「海を見ていた午後」に



不思議な感覚のタイムスリップ



スポンサーサイト

花のある生活



花 その他植物

鑑賞する 写真を撮る 絵を描く

好きなのに、育て下手

しばらく、自室に観葉植物すら置いていなかった

こないだ訪れた千葉にて
自分のために、ほんっとに久しぶりに花を買ってみた

大きな花は、電車に乗ってかえるのに一苦労だったけれど
部屋に飾ってみたら
あまりにも存在感が大きくて いつもと部屋の雰囲気が違う

それは、いい意味で


ストレリチア



ゴクラクチョウカ

極楽鳥花
漢字表記が、これまたイイ

これ1本+葉っぱ付きで¥150 って安い!


カラー(白ですが)も買った こちらは5本で¥150だったか
どちらも格安

束の間でしたが、ありがとう

シーサイドライン


土曜日、バラを観賞した後は、車で磯子へ向かう

新杉田から金沢八景を走る横浜シーサイドラインという乗り物があり
その高架下に自転車道があるということで
では自転車でちょっと走ってみようか、ということに。







自転車道と言ってもサイクリストのための道ではなく
ここで生活する人たちのためのようなもの

歩道と自転車道が色塗りされて分かりやすく、親切ね

体調がいまいちだったので、距離も短く
そしてそんな道なのでスピードも出さず散歩タリングという感じ





恒例 ご当地マンホール








高架下 こんなんです

この電車、静か~に走る

一枚くらい写真を撮っておきたかったのに
あまりにもおとなしくて、電車が走っていることにほとんど気づかなかった







三井アウトレットパーク、八景島シーパラダイス、公園
いろいろスポットがある
その途中は工場地帯があったりして







目ざといワタシは文明堂の工場を発見!

直売あり!




残念ながらカステラ販売は9時と1時、時間が決まっていて
(箱入りのフツウのカステラは常時販売です)

仕方ないので「マカロン」という名前のクッキーをおやつに食べる










ほかにも直売をやっている工場はありましたが
お豆やお惣菜はおやつにならない~









ここは海の公園かな?
蒸し暑い午後だったので、海で水遊びしている子供たちもいた

遠くに見えるは八景島









目的地 野島公園<

展望台からの景色





のんびり、まったり ポタでした

港の見える丘公園


イングリッシュガーデンでは、バラが見頃の週末


>


日差しも、人々の視線もたっぷりと浴びた数多くのバラたちが
ずいぶんと自信もたっぷりに開ききっている







まー、色とりどり鮮やか華やか!







天然のバラの香りは、決して大げさでなく柔らかでありつつも高貴
作為的な香水とは雲泥の差









バラは初夏と秋、年に2回「見頃です」と聞く

機会があれば、バラ園に足を運んで、その度にどれかひとつでも名前を覚えて帰ろう…と思うのに
なかなか名前までは記憶に残ってはくれない
だから、毎回新鮮な気持ちで見ることができるのかな…?








自分は何色のバラが好きなんだろ?
…白か黄色なんだけど

こうしてさまざまなバラを見ると混ざりあった色のもキレイだし、品種によって形も違うし、
絞りきれないものだ








写真撮影する人、スケッチする人、家族連れ、ご夫婦、恋人たち
実に多くの人たちがバラを眺めていました

富浦/枇杷

  • Day:2011.05.15 21:10
  • Cat:遠出


特急さざなみ1号に秋葉原から乗りこんで








乗ること2時間、到着したのは・・・










南房総 富浦









さあ、今日はびわ狩り
実はびわが大好き
はじめてのびわ狩りに挑んできました









制限時間は30分と短くせわしない
せっせと食べることに専念









食べ放題とは言っても、案外食べられないものである
数えたら、トータル9個 多いか少ないか? 損得計算
これ以上食べたら、いくら大好きなびわでも美味しさを感じられなくなてしまいそう
そんなことを考慮したら、30分は妥当なのかもしれない

「びわは味が薄くて、美味しさを感じない」という声をよく耳にする

薄味なんだけど、ほのかな甘みと瑞々しさがいいのよ
けれど、品種によって、味がぐんと異なることを知りました

有名なのは茂木びわ
粒が大きめで丸くて、お高い
いつも箱の中にきちんと整列して売られている

今回は場所が千葉だったので、茂木さんはいません

ビニールハウスには6種類あると聞いていたのだけど
木を見つけられずに5種しか食べられなかった



富房
この辺りで売られている代表的でスタンダードなびわ


房光
甘みと酸味


瑞穂
ほどよい甘みと酸味


房姫
ジューシー 甘みと酸味 絶妙!


大房
その名の通り大粒で酸味が少ない


昔に比べて果物は甘いものが増えてきた

果物は、ただ甘いだけなく、酸味もある方が飽きがこない

大満足ぅ









房総といえば、お花
続いて、お花摘みの時間

アルストロメリアとひまわり 5本まで









できるだけ、蕾の多いのを選んでネ





昼食後は360度パノラマ、大房岬へ


午後になって雲が増えてきて遠くも霞みがち
5月の風はぬるく、気持ちいい













散策後は、びわシャーベット  さっぱりしていておいしー♪

びわづくしで、至福の時だった










4L、5Lサイズとなると、お値段もぐんと跳ね上がる
一年に一度でかまわない
とびきりおいしいびわを、数個食べたい

スーパーで売られている小粒ではびわ本来の美味しさが絶対に分からない
びわがあんまり・・・というアナタ!
一度でいいのです、大粒の美しいびわを食べてみてください
価値観がすこーしだけ、変わるかも…?!

誰か教えて!


なんと買ってからまだ一度も空気を入れていなかったbdちゃん

ママチャリだったら、漕いでいてなぁんか重たいわ~と気づいたときに
それも年に数回だけ空気を入れる程度でずさんでオキラクなもんでした

2年ほど前にForceがやってきてからは
「乗る前に必ず空気を入れるように!」とお店の人に言われたので
その通りにしてきて
・・・ところがどうも上手にできた試しがナイ


自転車のチューブについているバルブには「英式」「米式」「仏式」の3種類があるそう

ママチャリは「英式」ですか?
キャップを外して、ポンプを取り付けて空気入れが簡単にできる



bd-1は、これ




黒いキャップを外すと、こんなんだから「仏式」でいいのでしょうか?

ネジを緩めて先端のでっぱっているところを押して
一度ブシュ~ッと空気を抜く

多分、Forceと一緒であろう…




ママチャリ用の空気入れは使えないので、これを使用 仰々しい




続いて難題 空気圧

タイヤのサイズによって異なるので
指定された規定値内の空気圧にしなければならない
入れすぎても、少なすぎても、ダメ



しかも、単位も3つある

1kPa=0.01kgf/cm2=0.145PSI

もーイミ分かんない


「タイヤに書いてありますから」
さらりと店員さんは言う
自分にとってはすべてが分かりきっていることなので
素人に対してイチイチ細かい説明もなく数値だけをスラスラと伝えておしまい

すんごい不親切
でも自分でやらなければ覚えられないので、研究

目を凝らして、よーく見ると





あー書いてある

6.5BAR







90PSI/620KPa








だから、
空気入れの目盛りを赤のここに合わせればいいんですよね?



空気入れ、すんなり入ってくれる時とそうでない時とがあって
そうでない時は空気の圧力がぱんぱんに邪魔をしているようで
全体重を乗せて何秒か押し続けないと全然空気が入っていかない

目盛りの赤をグーンと越えて
その後、グーンと下がり、結局空気が全然入っていない感触で


空気を入れるコツ、なんてありますか?


どれくらい…何キロくらい走ったら空気を入れるべき
などという目安もありますか?

空気入れだけで相当身体中が熱くなるのは私ぐらいなもんでしょ


小さな疑問にお答えできる方いらっしゃいましたら
どうか助言をヨロシクお願いいたします

切実ですー



Read more...

レンブラント

  • Day:2011.05.08 20:36
  • Cat:ART









銅版画を教わっていたときに、先生がやたらと絶賛されたいた
レンブラントの作品を初めてじっくりと鑑賞



白と黒だけで、光と闇をくっきりと表現し

線だけで、肌・金属・布・毛 質感をかき分けてしまう凄腕



銅版画は腐食時間が長いほど濃く太い線となるので
構図を決めてから、ある程度仕上がりの濃淡を予測しておくわけですね

版画なので作業を進めている時は構図が反転しているというのに
緻密でありながら、大胆でもあり…


はぁ~ 素晴らしい


レンブラント展

終わりと始まり

ヴィンヤサフローという名前のレッスンが先週で終了

そして今週からユージ先生はアシュタンガに導いてくれる



ユージ先生のレッスンを受け始めたきっかけは

東京でシャドウヨガを教えられている人を紹介して頂いてから



先生独自のスタイルがとても大好きで、毎回楽しみながら身体を動かした

シャドウののれんがなくなったあとも

よそでは絶対に得られないような不思議な感覚、気の流れなど

これらもやはり好きなレッスンだった



20人前後だった先生のレッスンは

「アシュタンガ」という名前がついただけで1.5倍くらいの人数にふくれあがり

これでは人集めのためにレッスン内容を変更させたのかと思うような

ヨガスタジオの経営促進の思惑も薄々と漂う



今までのややマニアックなスタイル、よかったのにな





けれどもけれども、



ユージ先生のアシュタンガ、めちゃめちゃ面白い

こんなに楽しかったら、リピーターが増えてしまう

予約が取りづらくなっちゃう





新しい状況を受け入れていくことも自分には必要

過去と比べることなく、今ある状況を楽しんでゆける自分でもありたい



思えば、アシュタンガだってトライしてみたかったけれど

自分の都合に合う時間帯にレッスンが無くて機会がなかったわけだし



偏見ある先入観はとっとと捨てて、

これからも楽しんでゆこう









Read more...

つくば


ゴールデンウィークも終盤に
暦通りのお休みだったので、長期旅行もせず

みなさま、どんな休日を過ごされたかしら?



3日、4日 つくばへ行ってきました
おととしに走ったつくばりんりんロードを次回は完走しよう!と常々話していたので
その次回が、このGWとなった次第

前回はスタート時間が渋滞で遅くなってしまったから
3日は近くでキャンプをして前泊し、早朝に出発することに決定

ところが到着後間もなく雨が降り、予想以上に冷え込んでしまい
頼むから明日は晴れてちょうだい~ ひたすら念じる






風評被害で観光客が激減したと地元の人はおっしゃる
嘆かわしいこと・・・

このキャンプ場、利用客はわれわれだけで、貸し切り状態
夜にはお猿が見回りに来てくれて、握手しちゃった かわいかった




明けて4日、願いも叶って快晴!
5時起きなのに、テントを撤収したりなんだかんだで出発は8時過ぎ
時間が経つのが早すぎ



茨城県ではコンビニエンスストア「セイコーマート」をよく見かける




懐かしい北の大地~おもいだす




出発地点は常磐線の土浦駅
ちなみに折り返し地点は水戸線の岩瀬駅
往復約80キロのサイクリングコースとなります



bd-1に乗ってみたいと言ってくれた同行者と
わたしはForce この2台でサイクリング

いつもペースを合わせてくれて、大感謝



転倒してから乗っていなかったので始めは内心ビクビク








でもすぐにビクビクは消え去ってくれた










走りやすく気持ちのいい八重桜の並木道と素晴らしい田園風景で緊張もどこかへ消える








見る位置によって筑波山の形が変わってゆくのが面白い






お昼ゴハンは絶対にココで!と決めていました





もうマズイお蕎麦は食べないっ




たかはしさんご自慢のチャーシュー入りおにぎりは素朴で美味しい!
チカラが湧いてきます




食後に少し休憩をして









駅の跡地が休憩所となっているという粋な計らい










花のピンクと、若葉の緑が、キラキラと眩しい




栄養補給もしたので、再スタート



そして





折り返し地点、岩瀬駅に到着! あと半分~





ちょっと脱線、公道で見かけたご当地マンホール









つくばのタクシー ロゴが可愛い
心和む風景と、風に乗ってくる草の匂いに包まれ
鳥のサエズリ、カエルの合唱を聞きながら、気分がいいわ~


と、寄り道はほどほどにして、残りも走る




35キロほど走ったあたりから右膝が痛み始め
残すところあと20キロでは相当痛くなってしまい、かなりのペースダウンとなってしまった
それプラス筑波山のイタズラでもある風がやはりキツくなり後半は苦しい走行に。。。
この苦しさから解放される時は、このサイクリングも終わりってことなんだな
などと思うとフクザツな心境


やっぱり時間がかかってしまったけれどりんりんロード、完走しました!!!




約80キロ、自己最高記録

膝の痛み改善と、体力づくりが今後の課題




城跡、酒蔵、石材、筑波山に休憩所・・・
見所はたくさんありますが、全部を見て写真に収めることができなかったので
このサイクリングロードの詳細に興味のある方は参考までに下記のページをご覧くださいませ


JCA OFFICIAL SITE


茨城県土木部 土浦土木事務所




感謝

通勤手段




自転車通勤、始めることにしました





コレで↑

電車利用のほうが、時間は早い

なんせ、私の漕ぐスピードはカメの如く、鈍い
「では、何のために?」 と訊かれて
「若さのため」 と答えたら 苦笑いが返ってくる

…これは冗談として、

かねてからやってみたかったことのひとつでもあり
道路の雰囲気や自転車にも慣れたい

微々たるものではあるかもしれないが体力もつけたいと思っていたので。。

車道を走るのは、どうしても怖い
怖いから、歩道を走る

歩道の路面状況は車道よりもはるかに悪く、走りづらい

京急沿いの一国を走ると
その京急の駅ごとに歩道は人であふれ返っているので徐行したり、いったん降りる
そして車道も路駐だらけ

勇気を出して車道を走ってしまえ!というときは
スイスイと車道を走っている自転車乗りさんの後ろにちゃっかりとついていって、難を逃れる(?)

信号もそこそこあるので停止も多い


新しい自転車も様子を確かめながら乗っていたら自転車通勤初日は予想以上に時間がかかってしまった
いったい何人の人たちに追い抜かれてしまったことか!

帰り道は、緩やかな下りも手伝ってくれて行きよりも早かった

まだ連休モードが残っているので道路も空いていた様子


自転車移動はすべてが快適だとは言えない

しかし
人混みを回避できる、そして何より外の空気が気持ちいいのよね

満員電車で、多くの男性から発する得体の知れない悪臭や
多くの女性から漂う人工的なバラやベリーの甘ったるい匂い
ホームや改札口での人間渋滞
少しでもダイヤが乱れると異様なまでに混雑する駅

こういったものとは極力毎日おつきあいしたくないものでアル

でも困ることのひとつに、駐輪場のモンダイ
意外と無いんだな
ちょこっとの買い物ならば気軽に道ばたにさっと停められても
長時間となると、
盗難の心配やマナー違反にもなるので一応きちんとした駐輪場を探したいと思う

今回の通勤にあたっては、ビルの管理人さんのご厚意で
一台分の駐輪スペースを確保していただくことができ、とても有り難く、もー感謝しきれない



充分に気をつけて、周囲に目を向けて
二度と転倒することのないように、安全走行目指します