マトリョーシカ

人形の中から人形が、
その人形の中からまた人形が出てくるマトリョーシカ

数年前からかなり興味を持っていて
絵に描いたりもしていて

今度は自分で直に描いてみよう♪
ということで

絵の描いていない3体セットを画材屋さんで見つけた

下の写真、まわりの5体は既製品
木目の3体がこれから絵付けをするモノ



アクリル絵の具が向いているらしく、
幸いにも十年以上も前の絵の具がまだ固まらずに残っていたので使ってみることに・・・

でも古いのでかなり劣化しているだろうな

なんとか仕上がったら、ご報告

マトリョの話題がこれっきりだったら
あ~コイツ、失敗したんだナ と思ってくれて正解です









スポンサーサイト

Tiffany

  • Day:2010.09.24 17:48
  • Cat:都内

ほんの2日前までは暑い暑いとぼやきながらも
よく冷えたビールを美味しく飲んでいたのに
あっけなく夏が行ってしまった・・・

さすがにもう素足では過ごせなくなってしまって
久々に5本指靴下なんて履いてみた

ということは、サンダルの季節も、もう終わり






よーし!
今年の秋冬はブーツに慣れるぞ

来る季節も、また楽し♪

トイレット


もたいまさこさんという女優は、台詞が全くなくても、存在感がある

かつて「やっぱり猫が好き」という番組が好きで見ていたけど
いま調べてみたらこの番組、1988年開始!
そんなに昔だったのか

その頃のもたいまさこさんは「おばさん」というイメージ
(それでも今現在のわたしよりも年下だったのかな)

今ではすっかり「おばあさん」役になっているのね・
なんだか複雑な気分

1おじょうさん→2おねえさん→3おばさん→4おばあさん

女性の定められた道なんだけど

自分も3段階目なんだけど



「かもめ食堂」「めがね」
この2つの作品が好きな人は

トイレット

多分これも好きでしょう


そして来月公開される「マザーウォーター」も、とても気になっていることでしょう

食事のシーンは相変わらず手を抜かず
本当においしそうなギョウザだった

あ、またギョウザの話題になってしまった
手間かけて皮から作りたくなっちゃった

ギョウザといえば、まだ先ですが
今年も蒲田でギョウザの会を開催したいなと考案中

とちぎ・石

  • Day:2010.09.15 20:36
  • Cat:遠出

朝の天気予報を見てあ~今日も最高気温が35℃なんだぁ、と
暑さに慣れウンザリとした日々がずいぶん長いこと続いた
でもようやっと収まってきました



暑さと臭いよけに大活躍してくれた扇子





先日のとちぎのハナシ続き

宇都宮市大谷町





このあたり一帯から採掘される石を大谷石と呼ぶそうです









こういう白っぽい石









宇都宮市内を走っていると大谷石で造られた塀や蔵を頻繁に見かける

そして大谷町では資料館として地下採掘場跡を見学できます
建物の地下へと降りていくと、そこは天然の冷蔵庫さながら
外気を忘れさせてくれるほどにヒンヤリとした空気









不思議な空間










機械化される昭和35年頃まではツルハシを用いて15cm×30cm×90cmに手掘りして
それを背負って地上まで運んでいたとか!!!
涙ぐましい労力ですなー












現在ではこの場所でイベント開催に使用されたりしているみたい




先人の努力に脱帽しつつじゅーぶん脱暑させていただきました




長く感じた夏も終わる

夏に忘れ物はないかしら・・・

抜け落ちたこと

大切なことがすっぽりと頭から抜け落ちてしまった

時すでに遅し

こんなこと、初めて



ほかの事に気を取られすぎていたのか、

一段階通過して安心しきってしまったのか



おそらく後者なのだけど

毎年恒例行事で、今年もオーケー!と安心してしまったようだ



何事かというと

コンサートチケットの先行発売

当選のお知らせをいただき、これも毎年確実なことなので

ここでほっとしてしまったんだな

入金予定締切日が当選から数日後だったのだけれど

そう、入金しそびれてしまったのだ



あ~あ

せっかくファンクラブの先行発売で、いつもいい席取れていたのに…





でもチャンスはまだある

来月の一般発売



席は今までよりもだいぶ広報になりそうだけど

チケット取得情報をよーく予習して発売日発売時間にアクセスして

早急に手際よく入金も済ませれば 大丈夫よ

きっと チケットが取れるよ



今年も 行ける



プラス思考で信じれば、物事はそっちのほうに動いていくよ





どんなことでも、そうであると思う気持ち

Read more...

とちぎ・食

  • Day:2010.09.12 22:14
  • Cat:遠出

今年最後の猛暑な週末かな

大谷石で有名だという大谷の採掘跡地へ、涼みに宇都宮方面まで遠征
(詳細は後日、別記。暗くていい写真があまり撮れず…なので)

今年は暑さのために食欲減退ということも全くなくて今回も元気に食べまくり!






もちろん、大好きなベーグルも♪
冬に行ったとき、お店に到着したのが3:30を過ぎていて残念ながら売り切れ閉店だったので
今回は昼前に着くように計画してもらってやっとMashumoさんのベーグルにありつけたのダ

栃木産小麦粉を使ったベーグルは、もっちりと弾力があり噛むごとに甘みが増してくる ああサイコー!












宇都宮市街から少し走ると長閑な風景が広がる

お米ですネ












宇都宮といえばメジャーな餃子でしょ







コチラのお店も、具材はすべてシツコイくらいに栃木産
メニューの裏面には野菜生産者の顔写真が掲載されているほど

地物小麦粉を使っているということで詳細をお店のおばちゃんに尋ねたら、
おそらく業務用として購入しているようでよく分かっていない風情

ネット通販で入手できることは分かっている
でもせっかく訪れた街で売っていたら買いたいと思って。。。用途は、自作ベーグルのため


スーパー、とちぎアンテナショップ、物産館などで探し、尋ねてみても、
小売り用の地物小麦粉を扱っているお店はなんと1軒もなかった…
加工品のうどんやパンは置いてあるのに









おっと! アンテナショップで目にとまってしまった
日光天然氷かき氷
シロップはこれも栃木産ブルーベリーソース

餃子の後のお口直し サッパリ




そしてお土産に梨を買って帰路につく
食べ物に囲まれた一日

桐野夏生


人間の男にはムカつく
ムシズが走る程の嫌悪感に覆われてしまったとき、気持ちを沈めてくれるのが
桐野夏生サンの小説

芯の強い女!
男なんて、ちっぽけ!
とにかく気分爽快なのである



昨年読んだ「東京島」が映画化されて、ただいま公開中
さっそく観てきました

公式サイトや予告でも内容はちらりとわかるけど
遭難して夫婦で無人島にたどり着いて
スーツケースに入れてきた荷物で役に立つものは何もなく
中でもいちばん必要なかったのはこの人(ダンナ)だった 

そこからさらにサバイバルが待ち受けているという
現実離れした設定でありながらも
女の強さとタフさに惹き込まれてしまう

桐野サンの小説で一番初めに読んだのがOUT
これは映画、テレビドラマ化もされていて
でも小説で読むのが最高

パート仲間が夫を殺してしまい、その遺体を皆で切り刻んで
小分けにしてフツウの燃えるゴミとして捨てる・・・
ここからまた物語が展開してゆく

東京島もOUTも所詮は作り物のお話
どちらも登場する女の強いこと逞しいこと!
彼女たちのように
男なんぞに媚び売らず、強く生きてゆきたいものだね

女のこと、見くびるんじゃないよ