筑波山

  • Day:2010.07.24 23:02
  • Cat:遠出


連日、ほんっとに大量の汗をかきます

去年は部屋のエアコンを一度もつけなかったのに
先週、暑さで朝から具合が悪くなってしまったので
我慢せずに今年はエアコンをつけることにしました


自宅にいても屋外にいても、汗だく・・・
この2年で、毛穴もすっかり広がってしまったように思う




こんな猛暑日に登山 って以前の自分では考えもしなかった

人一倍体力と根気がなくても、人三倍時間をかけて登ってきました

先週よりも私にとってはかなりハードだった!







ガスっていて遠くまで見渡せない
てっぺんでぬるい風を肌で感じているのが最高の気分
あー、この瞬間のための登りのキツさだったのかな

と思えるほどに、いい風なのでした

暑いときには体を動かして、思いきり汗をかこう!
スポンサーサイト

エナジー

エナジーと名のつくクラスの内容とは?



気になっていても、タイムスケジュールが合わずに

受けていなかったクラスにチャレンジ



ヨガビギナーズよりもさらにポーズが増え

継続的にヨガを楽しみたい方におすすめ、

とスタジオのホムペに紹介があった



外は猛暑

そして、最近受けているシヴァナンダやリラックスよりも

難易度が高いように感じ、汗が滝のようにダラダラと流れる



ヨガマットに汗が滴り落ちたのは初めての経験



こんなに暑い日にナゼこのクラスをチョイスしたのか

週末のトレッキングによる筋肉痛がやっと和らいだというのに…



それでも終わった後はスッキリしちゃうんだな

疲れも残っていない





暑いから

家で扇風機をつけてダランと寝そべって

虚ろに時間を過ごして怠けた体に喝を入れて

ようやっとしゃきんと目覚めたみたい



休息も必要だけど

適度にね



運動も、体が悲鳴を上げない程度にね



自分の体の限界を知る

知ろうとすることで出来る範囲も違ってくる





本日の先生は

初めてシヴァナンダを受けた時の人である



穏やかに誘導してくれて

若さでちゃらちゃらしていないし

何度でもレッスンを受けたい先生なのだけど

残念なことに平日の昼間ばかりなんだよね、この先生



機会を見つけて、今後もレッスンを受けたい









Read more...

DUG

  • Day:2010.07.18 23:23
  • Cat:都内

ほぼ20年程前
新宿での待ち合わせや散歩後に立ち寄ったお店が健在している!

とはいっても2店舗あったうちひとつは数年前に閉店し、
残っている方は地下1F2Fまであったのに
現在は地下のみ、と規模は縮小してしまった

それでも変わらぬ雰囲気は
地下の中に凝縮されているみたいで居心地が良い






美味しいウィスキーをロックでキュッ


穴蔵で
JAZZとタバコとウィスキー


蒸し暑い夏の夜

吾野

  • Day:2010.07.17 22:33
  • Cat:遠出


梅雨明け!気分もお天気もスッキリ!
連休初日は飯能方面へハイキング

奥武蔵 高山不動というところがあるそうで。

西武秩父線吾野(あがの)駅あたりからのスタート






この辺りの町というか村というか…
素朴で、観光地化も特にされていなくてのんびりとした雰囲気







両脇は杉林








道はずっと舗装されてはいるが場所によっては斜面が急で、ときどきヒィヒィ

すれ違う人も車もほとんどなく
木陰なれど気温が高いためかややしっとり湿った空気で汗だくに
でも自然の中を歩いてかく汗に不快さはあまりナイ








目指した頂点は、関八州見晴台という関東の八州が見渡せたことから名前がついた場所
ガスっていたので遠くはクッキリと見えない
遠くの山々が田中みぎわさんの水墨画を思わせたりして





この写真には悪戯をしてあります。気づいたかな?




下りでは高山不動尊があり、大銀杏の樹があり

行きの高速渋滞で遅めのスタートになってしまって
麓に着くまでに日が暮れてしまうのでは?と心配もしましたが、真っ暗になる前に無事ゴール







今回は、このストックを試してみたくてのハイキング(トレッキングと呼びたい)でした

高価なストックではなくても体の疲労が軽減されることを実感!


いい汗かいた後は、温泉に入ってサッパリ
コレもお勧めダヨ



ストックを使っても結局翌々日まで筋肉痛になっちゃった
それも普段は痛くならないようなお尻や足の付け根…
もっと道具を自分の体に合うように調整できれば疲れを残さずにいけるんじゃないかと思います





次回の野望に向けての予行練習でした



6月、忙しかったのはほんの一時だったのに
不慣れなことを一気に短期間でこなさねばならなかったので
きっと必要以上にエネルギーの蓄えを消耗してしまったのだろう

日常の一つ一つを丁寧にこなしてはおらず、
思考と体力が伴わずに
つまり頭の中ではあれこれやりたいことがあっても
体があまりにも疲労していたので
できずに終わってしまったことが多々ある

家事は母との折半となり
毎日の献立で頭を抱えることもなくなり
よって、
スーパーへ買い物に毎日行かなくなったので
果物や野菜の出回ってくる時期を意識しなくなってしまったんだな

季節の素材に気づかずに、旬を逃してしまったもの

梅です

あ~~~ 梅酒浸けそびれたー

保存食に向けた食材がわんさかある時期なのにねえ
梅 あんず プラム 新生姜
お酒 甘酢漬け ジャム ピクルス・・・

やけくそになって独りキッチンにこもっていた主婦時代をふと思い出す

作るのは好きなのに、消化・消費に困ることがけっこうあった
作ってみたくて作ったけれど、結局自分1人しか口にすることがなくて
まだ減らない、まだなくならないや・・・
最後の方では味わうことすらしなかったように思う

それらを考慮すると
食に関しては何でもかんでも作ってみよう!という意欲が激減して
ほんとうに必要な物を必要な分だけを作ろうと、今なら思える

…とは表向きで、実は料理にも食べることにも興味がなくなった
ということなのかもしれませぬ



昨年浸けたブランデー梅酒 解禁です

くちなし


くちなしの開花時期は、6月中旬~7月末

一重は早咲き
八重はやや遅咲き

先日、自転車で走っているときに時おりふわりと漂ってきた
甘い香りの正体はくちなしだった? と推測する

春の沈丁花
秋の金木犀
そして梅雨の山梔子

最近読んだ乃南アサさんの小説の中で
香りについての描写があった




香りがあって、やっと季節が変わっていることに気づくのか
この時期になるとそろそろ香ってくるな、と心待ちにするか

どちらにせよ、季節を五感で感じられる<
自然の花の香りは心地よいものです

まめ知識
○実がなるのは一重咲きのほうらしいデス
○実の口が開かないところから『口無し』の名に
(実にある突起部分を嘴に例えた『クチハシ』からの変化とも)

今の季節にぴったりの音楽
原田知世さんの『くちなしの丘』

まったりゆったりとろり


東京タワー/SAMURAI BLUE

  • Day:2010.07.06 19:48
  • Cat:都内

熱心なファンではないのでまともに観戦したのは日本の試合だけなのですが
自分の中で案外盛り上がってしまいました

ちょうど一週間前だったんだよね
PKで残念な結果だったけど、見応えありました

東京タワーではFIFAワールドカップの日本戦に合わせて
SAMURAI BLUEのダイヤモンドヴェールが点灯されていました




日本代表のイメージカラーである青と白のライトアップ
これは6/24の夜に一緒に観に行った人が撮影してくれました
(私はこの日ケイタイしか持っておらず・・・)

これを観に行ってしまったので、AM3:30に起きられず
せっかく勝利した試合を観戦できなかったんだけど
まだFIFAは終わってない でももう早起きはきっとできない

会社では寝不足でなんとなーく虚ろな人もいた
そんな日々も じきに終わる

こんどは4年後
ずっと先だ! と思っていても
あっという間なんだろう