池上本門寺/涼

  • Day:2008.07.20 21:03
  • Cat:都内

通っていた高校の近くに池上本門寺があります

『500個の風鈴の音を聴く』イベントというのを本日まで開催していたので
午後に自転車を走らせて行ってみました




写真では見づらいのですが境内に風鈴が吊されいて
タイミング良くちょうど風もある時間だったので
複数の風鈴の音を聞くことができました






暑い1日の午後でした

風鈴の音って「涼」を感じます



人間慣れしたネコ(というか人間に全く動じない)





此経難持坂(シキョウナンジザカ)っていう名前の付いたこの石段を登ると境内に辿り着く
この石段を見ると思い出すのが体育の授業

毎年1月に催されるマラソン大会に向けて冬の体育の授業はマラソンだった
学校からこの寺まで走らされて、とどめの最後にこの石段があってきつかったこと!
忍耐力・持久力などというものは昔から持ち合わせていなかったので
とにかくマラソンが大嫌いで冬の体育はほんっとにユウウツだった

まあここには授業以外にも放課後に寄ったり、祭りがあれば出向いたものです
わけもなく力道山のお墓を見に行ったり

先輩は「蛍をとばしに行く」なんて言っていて
何のことかと思いきや、タバコを吸うんですね、墓の脇で
日暮れの早い冬は4時過ぎには薄暗く
そんな中でのタバコが蛍の光のように見えるのだとか
(ちなみに、当時の私は喫煙していません)

真夏なのに、冬のことも思い出しゃったけど
今日のメインは一応「風鈴」のはずでした
スポンサーサイト

おいしいコーヒーの真実


コーヒーは大好きな飲み物<

どこどこの店の豆
酸味よりも苦みがある方が好み
お店で挽いてもらうよりも自分で淹れる直前に挽いた方が断然おいしい・・・・・・などなど

自分なりにいくばかのこだわりを持ってはいたが

さて

豆を生産している人たちについては全くもって考えたことがない
せいぜい、どこどこ産ってな具合でしか見ていなかったような

おいしいコーヒーの真実
を観て、少なからずもコーヒーに対する見方接し方も違ってくるのではないかと思う

はじめて耳にした言葉「フェアトレード」

商品1つ買うにしても、消費者の立場から意識すること
そして実際にフェアトレード商品を購入することで
生活が向上する人々がいるという現実があるわけですね

為になった映画でありました

今んとこ自分に一番身近なフェアトレード商品はスターバックスの豆か・・・?

2日ほど前の深夜ニュースで
アフリカ/マリのシアバターについて特集していましたっけ

シアバターは乾燥肌の味方!なので、
石けんつくったり、保湿クリームやリップをつくったりとても重宝している必需品

そのシアバターもアフリカではほどんどが輸出されてしまって
地元の人たちの使う分が高騰しているという
自分の土地の物が、高くて買えない・・・オカシイ

生産者と消費者の間の距離は計り知れないほど大きい
今、自分が手にしている物・口にしている物も
どこかの不公平から成り立って届いているというんだ事実を
いちいち考えていたらキリがないので止めておくし、為す術も特にないが、
せいぜい気に留めてみようかなってぐらいだろうか

虫除けスプレー

スプレーを作った

いたって簡単

精製水と無水エタノールそして数種のエッセンシャルオイルを混ぜるだけ



シトロネラは殺菌、虫を寄せつけない効果があるとか

+ゼラニウム

レモングラスがなかったのでレモンでいいや



体にスプレーしたり、部屋の中、網戸などにもシュシュっと





ひと月前までは

とにかく保湿保温、と体を温めることばかりに意識を向けてきた

所変われば品変わる

体を冷やす夏野菜・・・ナス・トマト

紫外線防止対策としてSPF値の高い日よけ止め

腕用の手袋に日傘にサンバイザー

まさにひゃくはちじゅう度回転してしまった





虫も困るがそれ以上に困るのがゴキブリさん

古い家の密集地なので出ること出ること

あんな小さい生き物に翻弄させられるのも悔しいのだけど

苦手で大嫌いなヤツなので

こいつの対策も考えなくてはならない



所変われば悩み替わる

Read more...

不慣れなので

初ヨガin東京!



教えて頂いた先生を調べて、スタジオを調べて、

初めての先生、初めてのスタジオを訪れる



東京のヨガ教室は、値段が高くそして時間も短い・・・



今までと同じ種類のヨガを、と思って。



時間が短いだけに流れも大雑把に速く、要点要点のみ



今までのところが、いかに丁寧に細かく指導してくれたことかと

再認識してしまった



比べてみたところでどーにもならない

ここでは、このやり方で自分の体と意識を慣れさせてゆくしかない



初めての場所ということもあって

やたらと緊張してしまって、リラックスどころか気持ち良くもなく、

なんてこった

せっかくのヨガなのに


シャドウに限らず、もうちょっとリラックスできるような

そんなクラスも探してみよう



とてつもなく違和感

Read more...

おやすみなさい。



有楽町にて

暑かった1日の終わり

有楽町駅改札付近で路上ライブをしている女の子アーティストを見かけました

今年3月に帰省したときに見かけたときも
品川駅でやはり路上ライブをしておられて
通りすがりに聴くにはあまりにもしんみりと染みてくる曲だったので
ぜひともCDを買いたかったけど、
その時は結構な人が並んでいたので断念しました



で、今日は購入させて頂きました
ワタシと同じく左利きで、サインまで書いてくださいました
ありがとうございます

頑張ってくださいね♪

宮崎奈緒子さんでした
iTunesにもありました

まぁ若くてカワイイ女の子でした♪

六郷水門

  • Day:2008.07.02 23:48
  • Cat:都内

京急雑色駅から国道を渡ってスグの所に水門通りという名前の商店街があります



ナゼ水門?と思っていたら、多摩川の土手に「六郷水門」があるのだと聞いたので
道に沿って行ってみることに



ありました
土手の手前、団地の建ち並ぶ場所
ドブ臭さと共に水門が見えてきた



土手に上がって観たのがコレ
今はもちろん引退されている


水門は多摩川に続いてる



サイクリングロードになっているので、たらたらと自転車を漕いでゆきます

川向こうは神奈川県川崎市

このあたりに昔は親戚が住んでいたので頻繁に遊びに来たものです

幼稚園児の頃はこの多摩川の下流は赤潮が発生していて
近寄ると悪臭が漂い、水面は赤銅色のヘドロで埋まっていました

それから数年後、ヘドロは無くなって
だいぶんキレイになってはきたと記憶しています


大師橋を越えてさらに進むと、終点
たしか海老取川っていう小さな川に架かる弁天橋があって
その橋向こうは羽田空港になります

けっこう釣り人がいたりして
本当に海老が釣れるのでショーか

周辺には何軒か佃煮屋さんもありますから、何かしら釣れるんでしょう

お世辞にも美しい景色でもないし、騒音、空気汚染
道も狭くて人間だらけでごっちゃごちゃ

ここが、生まれ育った街であります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。