井戸端会議参戦

千葉に引っ越してしまった人が

2年ぶりにこちらへ戻ってきたと連絡をくださったので、

会ってお茶を飲んだ



忘れずに声をかけてくださるなんて・・・

交友関係の希薄なココではとても珍しいことなので

素直に嬉しかった



計4人で会った

みなさん10歳ほど年上の主婦さんなので

久しぶりの最年少!

しかし、食いついていけない話題が多くて困惑した



第1に子どもがいない、みなさんといちばん違う点



どうしても、どんなに頑張っても

子ども生んだ専業主婦の井戸端会議には

一生かかっても入る余地もないし、立ち入れない

要するに、こればかりは苦手な区域





それにしても50直前で全く無知の土地へ行き

そこから新たに交友関係を広め、配偶者の親御さんと同居し、

自らの生活パターンを確立して行くには相当のエネルギーが必要と見た

結果、配偶者に振り回されてしまう女の立場を

受け入れていかねばならない

もう自分には戻る場所もないのだという

あっけらかんと笑って話す彼女はほんっとうに「大人」だと

つくづくつくづく思い、尊敬した





それぞれの土地のハナシ

方言・ことばのアクセントの違い・港町の訛り

馴染める言葉と聞き取れない言葉



子どもの遊び場について

東京だったらやれ渋谷だなんだかんだ

地元でも店や物に決して不自由することはない(と思う)

札幌ではなんとジャスコが女子高生の遊び場になってしまうんだとか

遊び場というか、時間をつぶせる場所とでも言った方が妥当か

ほかにはダイエーとか・・・結局スーパーなのね



彼女の転居先の千葉(かなり海より)では

せいぜいコンビニしかないらしい

ミスタードーナツが無くて子どもが残念がっているって。

ちょっと買い物や映画となったら車で1時間ほど遠征するという

高校まではあるけど、大学はなく、就職先もほどんどなく・・・



どこまでが都会で、どこからが田舎というのか

どこが本人にとっての適材適所なのか

本人の考え次第なのだろうし、

生まれ育った環境も大いに関係するだろうし、

何が正しくてなにが悪いのかなんて決めつけられない



じんせいいろいろ

狭い日本じつは広い かも

Read more...

スポンサーサイト

ここの工房での最終日


やりかけの作品を仕上げるために数カ月ぶりに工房へ足を運んだ

うろ覚えでプレス機を使う
ちょっとやそっとで壊れるマシンではないけれど正式に指導を受けたこともないので実はドキドキ
それでもなんとか圧の感覚を腕で思い出しながら奮闘する
誰もいないときに限って調子が悪くなり、刷れずじまいでお終いになってしまうのかと
途中で泣きたくもなるが
なんとか直してなんとか刷り終えることができた



仕上がりは、自分の予想に反した
どこをどんな案配で修正していったらいいのかが判断できなくて
非常に中途半端な作品になる

独学で続けるには途方もなく時間がかかることを改めて体感する
いずれスキャナーを購入したらWebで後悔する程度の作品
または、少し水彩で色を入れて作品として本当の完成にしようか

やりかけたことに、ひとつ終止符を打つ

Read more...

マイナス不

先週の振替で行った昨晩のヨガは総勢8名という

今までにない人数の少なさで

広々と、そして先生に補助をしていただくことも

いつもより多く、非常にのびのびと気持ち良かった



そして今日は昨晩の4倍以上の人数でダダ混み

こんなに混雑したのも久しぶり

人いきれと、代謝の高まった体でのぼせてしまいそうだった





ヨガ→瞑想→チャクラについて考える

書物を読んで理解できたことがいくつかあるので

追々言葉を集めてまとめてみよう



体の不調はチャクラの乱れ

乱れをヨガで整えてあげるから、

ヨガをした後は肉体疲労があっても

とても晴れ晴れとした気持ちになれるのだなーと合点した





先週会った人がアカシックレコードについての本を読んでいる

と言っていたのが気にかかって、わたしもちょいと読んでみた

人間誰でも持っている情報レコードだそうで

それを読むには第4チャクラを働かせるのが効果的だとか



わたしの場合はヨガありき

ヨガから様々なことが発信して枝分かれして繋がっている

アプローチは違えども

最終的に行き着く考えは同じ方向のような気がしてならない

と、勝手に思う



不思議現象も、輪廻転生も、臨死体験も

そういった文献を真剣に読んだり、情報を得ているわけでもないけど

わりとすんなり入れられちゃう


先週胸がいっぱいになっちゃった、すんごく身近なこと

渋谷のHMVで自分の大好きなアーティストの新譜がかかっていた

ここでは絶対にあり得ない

あり得ないがあり得ている

不可能から「不」の文字が消失している場所がある



あの人の所有物は自分の欲しているモノだらけ

または同じモノを所有している

あり得ないハナシだけどあり得ている

そんな現実の場所もある

ただ、それだけ

オチはない

それ以上にも発展しない



そして、今日も思いにとりとめがない

Read more...

最後の言い訳?

ご無沙汰している銅版画教室からお便りが来た

会費の催促である



めでたく会員になったのに、

今年に入ってから一度も工房へ行くことができずにいた



夜の講座がクローズになってしまったので

シゴトで疲れた体を気合いだけで引きずって

先生不在の工房へ行く気も起きず、

かといって土曜午前にヨガを終えてから工房まで行く体力もなく、

日曜は家事やなんやかんやで忙しく

じっくり版画に向き合う時間が正直工面できなくなったのが現状



先生が皆に指導してくれるのはボランティアだと豪語する中、

私もボランティアで会費だけを払い続けるほど

裕福な人間ではないのもまた現実だったりする





なので、いったん今月いっぱいで退会する決意をした



でも行けるのは土日のみ



それで、手持ちのやりかけの作品に終止符を打つことに





ひっさしぶりに昨年末のやりかけの銅版画を引っ張りだして眺めて、

週末に工房へ行った際にすぐに作業ができるようにと

腐蝕止めのグランドを塗ってみた

時間が経って固くなってしまったグランドを

ホワイトガソリンで溶かす



この、ホワイトガソリンの具合の悪くなる臭い

ああ工房の臭いだぁ

臭いに反応して、絵心も復活しちゃうではないか





版画は途方もなく時間と手間のかかる技法

仕上がりを予想して、手を進めてゆく

思い通りにならなかったら、またやり直し、

慣れていない人間にはとにかく時間がかかる





今現在のわたしには、版画にココまで時間をかけることができない

欲深なので版画以外にもやることがある



根っこは「絵」が好きなことから始まっていて

表現の1つに版画があって、

自宅ではできない作業なのでもう一度触れたかったものだった





当分、また版画とは遠ざかる

でも「絵」心は遠ざからないので

時間と機会が在ればまた触れることができよう



とにかく先生の指導が受けられなくなってしまったことが

一番イタイ

Read more...

ほどほど

キレイにするのには時間がかかるのに

汚れてしまうのはあっという間だ



内も、外も。





一気に片づけようとするのではなく

それこそ

少しずつでも日々心がけておかなければ

あれよあれよという間に汚れは蓄積されてゆくものだ



一掃したからと言って、それでお終いではない



神経質にならない程度に、ね

これが自分にとっては難しい処

Read more...

月見草で

クリームとリップが切れたので久々に作る



いつまでもとっておいても酸化して悪くなるので

思い切ってクリームに入れちゃおう!と

月見草オイルを多め、シアバター、アボカドオイル、

マカダミアナッツオイルのクリーム誕生



シアバターが多いと、塗っているときベトッと感がするような

気がしたので、今回は少なめに配合

さらっとしたつけ心地で悪くない





そろそろ皮膚科に行ってくちびるに塗る軟膏を貰ってこなければ・・・

と思いつつ、行く時間を工面できない

荒れて荒れて、どうしようもなくなる時期があって

これは胃の調子や生理の周期に大いに関係あるのでは?

とりあえず小麦胚芽オイル入りのリップを作って使用中

けれども、症状は改善されないので

使うのを止めるべきかもしれない

かといって何もつけずにいると今度はつっぱって違和感あるので

何もつけずには居られない

難しいなあ



何でもかんでも作りゃーいいってもんでもない



自分の肌に合うリップや基礎化粧品探しは容易ではない

Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。