ヨガ続き

肩こりにはありがたーいマッサージタイムから

本日のヨガは始まった

有言実行してくれる先生、大好き♪

ありがとうございました



ふたりずつペアになって、肩胛骨、背骨、背中全体を

マッサージし合う

他人にやってもらうと実に気持ち良い

整体やマッサージなどに行くと3000円くらい取られそうだけど



「肩が張っていますね」

と素人さんにも分かるほど、わたしの肩はガチガチだ

どうしちゃったんだろ

寒くて血行が悪いのか

慣れないことが続いたことも原因なのか

ヒマ疲れも含まれるのか・・・

肩にこんにゃく温湿布しようと思っていたのに

買い忘れてしまったよ





そして今日初めて知ったのが

インストラクター講座でしか受講できなかった講義が

有料だけど一般でも受講できるようになったと

ヨガ教室の掲示板に張り紙があった

以前、アンケートで講義を受けたいと書いた記憶があるが

おそらくわたし以外にも希望する人がいたのでしょう

願っていれば、叶うこともあるのねー!うれしい!



しかし、いきなり今日の午後4時からだった

一目見ただけで甲状腺腫を見抜いた医学博士の健康講座ということで

ぜひとも拝聴してみたく、一旦帰宅してから再度教室へ向かう



テーマは日本の食について

食べ物そのものが持つ素材の良さや

食べ物の組み合わせによって欠点を補うことや

日本人、先人の知恵

ごはん、おみそしる、糠漬け

シンプルな昔から伝わる和食は理にかなっていることがよく理解できた



絶対に食べてはイケナイ食べ物は決してない

マクロビやアーユルヴェーダのように徹底しなくても

例えば肉を食べるなら消化を助ける野菜を多めに摂取したり

食べ物の組み合わせでバランスを取ることが大切



改めて、勉強になりました

Read more...

スポンサーサイト

シアワセ感じる時

先週土曜分の振替で、シゴトを終えてからヨガをしに街へ出る
バス1本で街まで出ることができるけれど
昨日からの雪降りで道路は混雑しているので
地下鉄に乗り換える



夜の氷点下は頬が刺さるように冷たい


風抜き
風通しをよくするためにもヨガは精神安定剤にもなる

お腹も空いていたはずなのに
夜9時を過ぎて帰宅してからは体が食物を欲していないことが
頭でハッキリと分かったので
酵素と水と玄米茶だけで事足りた

体(背中)の右側がもこっとしているよ
と先生に指摘される
繁忙期でもないのでキーボード連打の影響ではないハズ
押印やなんだかんだの雑用とヒマとの格闘で凝っていたみたい
明日は反りのポーズを少し多めにやってみましょうか
とおっしゃってくれて、ありがたや

呼吸に意識を集中させようと思っても
ついついシアワセだった時間のことを回顧しては脱線してしまう
余韻に浸れるシアワセを持っていること自体がシアワセなのかもしれない

ヨガをしているときは
ダークなコトを考える隙がなく、忘れられることができる
ダークな部分が寄ってくることもない
これだけでも、十分シアワセ
ああ、家に帰りたくないな とも思うくらい

今夜はこれからお風呂に浸かって疲れを流す

明日の午前中もシアワセの中に浸かろう

Read more...

身だしなみ

毛抜きを新調した



長年使っていたものは、手に馴染んでいたけれど

なぜだか新しいのを先月買ってしまった



これがなんとも使いやすい!

ちくっとしないでスルリと抜けるのでオモシロイ



道具も進化しているようで

長年使ってたものよりも数十倍使い勝手がよい



自分の外見にはすっかり無頓着になってしまい、

むだ毛の処理も若い頃に比べたらもう全然・・・だったのに。

せいぜい、夏にヨガをする際にみっともないかなって

脇を少し処理する程度だった

冬なんて、どーせ長袖だしぃ、とだらしなく放置しているものだから

オンナも放置しているってことでしょう

なにしろ、美容院にすら行っていないし

化粧品すら買っていないし

洋服はバーゲン

新調する服は保温性の高いアンダーウェアばかり



どーせどーせ

誰もわたしのことなんて見てないしさ

と油断というか諦めというか本当に放置

どーせどーせ

を連発しているとつまんねー人間になっている



別に誰かのために自分の外見を整えようというのではなくって

最低限の身だしなみとして

ある程度磨きをかけていないと

中身も外見も衰えていきそう!



「疲れ」も「負の感情」もさり気なく表には出さずに

ひょうひょうとおっとりと

「苦」なんてわたしにはナイのよって

平然と、凛と、背筋を伸ばして歩いていたい



などと 毛抜きを使いながら ふと思う

Read more...

わたしはどちら?



「どこかに連れていって」と言うオンナと

「どこどこに行こう」と言うオンナ

 どちらが好み?







江國さん原作の映画「間宮兄弟」

オンナのセリフ





自分はどちら側に属するオンナなのだろう?



気持ちが前向きで明るくて、

相手に対して心がオープンの場合は後者



相手に対して特別な感情もなく、

心がクローズの場合は前者



これは、異性に対してのこと



では同性に関してはというと、

たいていはランチするお店だとか

飲みに行くお店だとかを決める約束ごとが多いので

相手によりけり

積極的な人はどこどこはどう?と候補を揚げてくるし、

他人にお任せタイプの人は私が調べて決める

そんなもんだ





異性に対しては後者のオンナだと自負しているけれど

(まー昔のことだ。最近は全然)

稀にものすごーーーーく波長の合う人がいて

いま、自分が行きたい場所をスルッと口にされたりすると

え?何で分かるの?

って驚く

別に心を見透かされているわけではないんだな、きっと

一緒に時間を過ごして、流れ的にそこへ行きたいって

互いに思ったりするものなのだ





いつもは原作を読んでから映画を観るのに

今回は逆だったので

活字を追っていても俳優の顔がちらつく





ちなみにこのセリフは、原作には出てこなかった

小説の舞台は、どうやら地元に非常に近いもよう

町並みにとても親近感

色と温度と空気と合わせて

Read more...

フヘンのアイについて

片づけなければならないのは家の中だけではなく、

自分の中も整理しなければならないと常々思っている

いつもお決まりの「明日でいいや」の先延ばし



混沌。





読んでいたヨガ雑誌に惹かれる文章があった



思いやりについて。

人を思いやること

人が気持ち良くなるようにしてあげること

感謝、受容、見守る、慈悲

それはギブアンドテイクではなく、

こちらから一方的に押しつけるものでもなく。



つまり、普遍。







一心に求めるだけではだめ

与えられないから、得られないからといって

嘆いているだけの人間であってはならないのね



自分はどうしたいのか

そして周りとどう接してゆくのか

自分を押し殺してまで他人を優先するって

これも普遍なんでしょうか

ちょっとずれているような気がする

でも、考え方を変えて、

自分が受け入れる覚悟ができるのなら、

などとちまちました思考は吹っ飛んで

受け入れるのが当然であると何の迷いもなく思えるのならば

別にどうってない事柄なんだろう

今、自分が直面している出来事なんてさ。





ヨガ・瞑想。

などと口にすると

自分には全く関係のないことだし、

こいつ何言っているんだよと怪訝そうな顔&発言する人もいる



そういう人には言っても多分理解できないでしょう



気持ちが穏やかになってくるとね、

自分の内側が見えてきそうな気がするんだよー



きっと否定する人は、自分がきちんと確定していて

迷いすらない人種なんだろうな

ある意味ではその心意気が羨ましい、かもしれない



なりたくはないけど





自分を否定され続けると、さすがに卑屈になってしまう

他人の一言に振り回されない

強靱で穏やかな心を持てる人間に成長したいものダ

Read more...

こんにゃく

昨晩の疲れから脱出



下半身を重点に置いた午前のヨガで、

アキレス腱を伸ばしに伸ばして気持ち良く体の疲れが訪れる





一日中氷点下の外気と

エアコン効き過ぎの建物の中

今シーズンは皮膚の痒みも目立たなかったのに

年末あたりからところどころかゆくなる(去年ほどではないけど)



友人からこんにゃく温湿布を教わって

夕べ試してみた

まずは凝り固まった両肩

その後、下腹部と肝臓脾臓付近

自分の体なのに、自分の内臓がどこにあるのかもわからないのか!

とヨガの先生に怒られてしまいそう・・・



温湿布、温まります



こんにゃくは体内の毒素を吸収してくれる

使用後に、こんにゃくがすんごーーく小さくなってビックリ

自分の体内の毒素を吸い取って

こんなにも小さくなってしまったのか、と





頭ではイケナイと分かっているのに

正月からどうも過食気味で腸も不調



精神面ではたっぷり自分に厳しくしているつもりだけど

(まだまだ甘いかもしれない。自己判断)

体にも、もっともっと厳しくしないとあかん

Read more...