手芸の達人

長年愛用してきた椅子のカバーがボロボロになってしまった
購入した店へカバーを注文しましたが
その形の椅子とカバーはもう生産していない、とのこと

そこで友人にお願いして作っていただきました


一枚だった布が裁断されて


立派な立体のカバーに生まれ変わりました

彼女は服飾の短大に進んだだけあって今でも手芸を得意としています

わたしも「手作りする」ということはわりと当然のように感じてきました
既製品を買うよりも、自分で作った方が安い とも

しかし、手芸に関しては果てしなく不器用でいつも母の手を借りておりました
さぞかし母はうんざりしていたことでしょう
迷惑かけてゴメンナサイね~

手作りは安いけれど大変な手間がかかることもある
その手間が面倒だと思う人は既製品を購入すればいいだけのこと

手芸材料を見て回っていると
まるで自分でも簡単にできてしまうような感覚に陥ってしまう悪い癖が・・・

友人の出産祝いに赤ちゃんグッズを編もうと思って買いこんだ毛糸は
何ものにもなることなく押入の奧に眠っていました

去年、出産を控えた友人がいたので毛糸をそのまま譲ったら


このような立派な品物に変身してました

編み物も、洋裁も、わたしはセンスなし

手間をかけることは決して嫌いではありません
ただ、できもしないくせに、手を出してしまうクセは
そろそろ卒業しなければイケナイなとは思います

できることと、できないことがあるもんですから
スポンサーサイト

ラッキー

やっぱり週に一度でもヨガするとスカッとするし、溜まっていないけれどストレス解消になる

午後のクラスはレベルが高いのでどうしても躊躇してしまいがちなので今日もやっぱり易しい午前のクラスに行ってしまった

入門クラスでも教えてくれる先生が好きなので、この先生で一般クラスのレッスンを受けたいとずっと思っていた・・・

なんと願いが叶ってしまうことに!

ひとり先生が今月で退社されることになり、その先生が受け持っていた一般クラスを入門の先生が来週から受け持つことになったそうだ

同じ土曜日の午前枠で一般は2時間ということで内容もやや濃くなるので、ひじょうに楽しみなのだ にこにこ

月4回通ううち1回は中級に参加するペースで続けていくのが今年の目標



最近、発見したのが肩…肩胛骨なのかなあ、やたらとボキボキと気持ちいい音を立てて鳴る

骨を鳴らすのはよくないぞ、と子どもの頃から言われ続けてきたけれど、なんでこんなにボキボキと鳴るのかな

気がつくと肩にものすごく力が入っていてることがおおいので慌てて力を抜いてリラックスするように心がけている



肩の力を抜いて、リラックス



よく聞く言葉

意外と実行できていないものだ

Read more...

オイルの違い

掃除や食器洗いに使うマジック○ンや○マレモンなどの洗剤は汚れがよく落ちる

しかし、その分手が荒れたり匂いがキツク感じる

部屋の中をぴかぴかに掃除した後、マジック○ンの残り香があるとうぇっ!と思うこともしばしば



石けんを作るときにエッセンシャルオイルを入れて香りづけする方法もあるが、そこまで凝ってしまうと割高になっちゃうのでほどほどに留めておくつもり

化粧水でも無香料を選んで買って使っていたが、先月から作り始めた化粧水はラベンダーの香りつき

久しぶりに香りつきで抵抗あるかと思いつつ、使い始めたら全然OK

ラベンダーのエッセンシャルオイルはオールマイティに使えそう

匂いには人それぞれ好みがあるし、エッセンシャルオイルには効用もあるので用途に合わせて使うのがよろしいでしょう



掃除用の洗剤も見直して、重層に手を出し始めている

さらにビネガー…お酢

重層で汚れを落とした後ビネガー(原液じゃなくて薄める)を振りかける、と本に書かれてあったのでまずは浴室とお手洗いからやってみた

けれども、どんなに薄めても所詮お酢はお酢

薄めたお酢にハーブやオイルを垂らしてみたんだけど…

エッセンシャルオイルとポプリ用のオイルってまた別物なのかな?

20数年前以上に買ったポプリ用のオイルが残っていたのでお酢に入れたのが、かなりの失敗…

古いのはよくないね(当然!)

お酢と甘ったるいレモンの匂いが残ってしまって、これはダメだ

同居人からもクレームがきてしまった…

当時で1本1000円ほどしたオイルで、かなり私にとっては高価だったので捨てることができずにいたわけ

「なんでもかんでも取っておけばいいというわけではありませんよ」と自分に厳しく叱咤する



とにかく、香りつきビネガー水は私にとっては合わずに失敗に終わる

今度からクエン酸にします



地球に優しく。エコロジー。

を、めざしているわけではない

心がけることは大切だけどね

しかしそういった類の洗剤は高いのだ



手が荒れなければいい、過剰で嘘くさい匂いがしなければいい

とりあえずはそんなところからスタート







Read more...