女性

大丸の三省堂書店に隣接するカフェで本を購入しなくても読めるということを以前から知っていたものの利用したことがなかったので、行ってみた。

買うほどでもなく、かといって図書館まで行って目当ての本がないのも困るので。

レストラン街のフロアでオープンになっているカフェなのでザワザワとしていて落ち着かないでもなかったけれど、没頭してしまえば気にならない程度。

調子よく読み進めていたのに、後から入ってきた女性が香水の香りをぶんぶんと漂わせていたので、具合が悪くなってしまった……。

通りすがりにほわっと香るのならば害もなく印象もヨイが、飲食店に行くならば周りの人間のことも考慮してほしいと思う。時間が経つと香りも薄まってゆくので量の調整って難しいのかもしれないけれど。



帰りの地下鉄がやけに混んでいる。あ、そういえば昨日からドームでSMAPのコンサートやっているんだった。見渡せば若い女の子だらけでSMAPのロゴ入り袋を肩にかけている。

日常の通勤時間よりも混雑。地下鉄の中で久しぶりに体がエビ反りになる。

Read more...

スポンサーサイト

Nearby



正午すぎに自転車を漕いで、平日じつに久しぶりにたくさんの日差しを浴び、「暑い!」と感じる。



空調の効きすぎた建物の中にいたらすっかり感覚が麻痺して、全然「北海道の夏」らしさを肌で感じることができずにいた。ほんとに夏なのかぁ?と疑っていたんだけど、ちゃあんと訪れてくれていたんだ。



ガラス越しじゃ、気づかなかったよ。

寒すぎる



朝から日差しが強くって「おお!夏らしいぞ」と感じたものの、日中の大半を空調の効きすぎた室内で過ごしていたので、7月だというのにカーディガンを羽織っていても寒くて寒くて体がすっかり冷え切ってしまった。冷たい飲み物さえ欲しない。暑さに弱すぎるぞ、札幌人。

札幌に住んでから、自分の中にある「夏」を体験していない。

札幌は、暑さが足りない。

東京にいた頃は、暑いの苦手で苦手でたまらなかったのに。





夕方自転車で坂道のぼったらだいぶ体はあったまった。

今日も夕焼けまあまあキレイ。

あばら骨



夕方になると、空には秋の雲らしきものが…



まだ本格的な夏は来ていないんだけどなあ。

1300ccの人たち


北海道旅行に来ていた友人夫妻が札幌に寄ってくれました
なんと、新居に宿泊してくださった第1号だったりする
本当にどうもありがとうございました

嬉しかったです




このご夫妻は今年の5月に結婚したての新婚さん
たしか2年前の夏にもふたりで北海道旅行にいらしてましたね
その時も、大きなバイクに二人乗りで旅していて、
その姿が仲睦まじくて羨ましかった…ということを今でも記憶している。
その印象が崩れることなく今回も仲良くて、ほんと~に羨ましいったら!

今週は全道的に天気が不安定で、途中雨が降ったりで移動中も大変な思いをされたと思いますが、
今は食べ物もおいしい季節ですからじゅうぶんにおなか一杯に
そしてじゅうぶんに休暇を楽しむことができたでしょうか

またお二人に再会できるのを楽しみにしています

mint tea

最高気温29℃で今年いちばんの暑さだったという札幌。

北海道特有のカラッとした暑さではなく、
本州の梅雨時のようなじとっとした暑さだったのでこんなの本当に久しぶりのことだった。

明日からたしか豊平側で3週連続の花火大会が行われる。…もう7月なんだよなぁ。

今日もどこかで派手に打ち上げ花火の音が聞こえた。

音ばかりが響いて、我が家のどの窓からも花火を見ることはできなかったけど

プランターで元気に育ったミントをお茶にしてみた。



あまり香りはなかったものの、フレッシュな青々とした葉っぱの味

ストレートではちょっときつすぎたので、レモン果汁を足した


爽やかな夏の飲み物

ひこうき雲







(((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((



















いちにちでふたっつ見かけたひこうき雲



どちらもすぐに消えてしまった







(((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((

お昼ゴハン

お昼休みの話題



『小学生の頃の、夏休みのお昼ゴハン』



今月下旬から学校が夏休みに入るので、小学生の子どもを持つ職場の女の子が毎朝出勤する前に家にいる子どものために毎朝お弁当を作らなければならなくて面倒だと嘆いていた。

あれ?自分が小学生の頃って夏休みのお昼ゴハンは何を食べていたんだろう、とみんなで首をかしげてしまった。たまたま周りには母親が専業主婦だったという人が居なくて、つまり母親は勤めに出ていて不在だったので、お昼になったら作ってくれて一緒に食べなかったということ。



ぜんぜん思い出せなかった。



母が用意しておいてくれたっけ?

中学生にもなったら、自分でなにかを作ったりはしていたとは思うけど…

みんながみんな、全く思い出せなかったその場の雰囲気が不思議で面白かった。



夏のお昼はそうめん!というイメージがあった。

ざるそばでもなく、冷や麦でもなく、そうめん。



そのそうめんは誰が作ってくれたっけ?姉だったかなあ。



う~ん、思い出せないなあ。。。。