毎日会っているのに家に帰ると顔を思い出せない人

その人のイメージカラーだけが思い出せる

おおかたは普段着ている服の色からイメージにつながるわけだけど

サーモンピンク
あるいは
オパックピンク を持つ フェミニンな女性

nakamura's color

このハートを作っているあいだ
のっぺらぼうのその人を思い浮かべた
スポンサーサイト

Belly Dance

ベリーダンスとはアラブ全域(エジプトやトルコなど)で踊られる女性のダンス
腹部や腰をくねらせて踊るため、ウエストが細くなる、
ダイエットに効果的などで日本でも流行っているらしい

ベリーダンス教室発表会なるものを観てきました

その独特な衣装と、見慣れない腰の動きダンスに目を奪われ…





胸や腰の動きを強調するかのように衣装にはビーズのひらひらがついていて
躍るたびにキラキラ揺れる

ダンサーは若い娘さんだけではないけれど、皆さんとても若々しくキレイなのです

だんだん慣れてきて後半ではけっこう夢中になって観てしまいました




ベリーダンスはオスマントルコに始まり
その後400年のオスマントルコによるアラブ支配の中でアラブ全域に広がったそうです

王宮のハーレムに仕える女性達が王のために踊ったのが始まりとされているだけあって、
衣装もセクシー



赤い衣装のこの方が先生で、唯一ソロのダンスタイム

痩せている女性よりも、少々(一般的に)肉が付いていて
腰をくねらすたびにそのお肉もふるふる揺れるのがなおヨロシイそうなんですね
そんな女性を王様も好んだのでしょうか

踊りも自信満々で素晴らしく、美人で、体型的にもダンスに向いているようで、
だからこの先生はとても色っぽく見えたのかな

なかなか面白かったです
(自分がやりたいとまでは思えなかったけど…)

お茶の時間


ちょっと変わったお茶を飲んでみました

錦上添花(きんじょうてんか)
ジンシャンティエンフア



緑茶を麦わら帽子の形に編んであります。

きっと職人さんがひとつひとつ丁寧に編み上げたのでしょう。




お湯を注ぐとパッと開いて

中から菊の花が浮かび上がります。





茶葉がもずく素材のいがぐりのようです。


お味のほうは、菊の香りがつんとして

すっきりとした喉ごし。

ただ、香りにくせがあるので

苦手な人にはとことんダメかもしれません。

時々ならこのような変わったお茶を楽しめますけど

お値段もかなり高価ですし頻繁には飲めませんね…



お茶の専門店の福袋に入っていたもので、

偶然巡り会えた今日のお茶でした。

カフカをめぐる冒険


物語りの舞台となった場所を訪れて主人公の足跡を追ってみたり
物語に出てくる小説・映画・音楽をピックアップして
主人公と同じ目線になった気分で
読んだり観たり聴いたりするのが地味に好き


「海辺のカフカ」にもいくつかの小説や音楽のタイトルが記されています

カフカ君が家出をするときに持っていった音楽を探し当てて聴いてみたのが
レイディオヘッドの「キッドA」と
ジョン・コルトレーンの「マイ・フェヴァリット・シングス」

その他に登場した音楽で、知っていたのは
ボブ・ディランの「ブロンド・オブ・ブロンド」
ビートルズの「ホワイトアルバム」
プリンス「グレイテスト・ヒッツ」ぐらいでした

中学生にしてはシブイ選曲のような気がします…


このブログに遊びに来てくれる方がiPodを購入したそうで
今とても購入意欲を触発されています
影響を受けやすいのです

ワタシもiPodを手にする日のために今から曲集めをすることにしました(気が早い)

カフカに登場したその他の音楽もこの機会に集めてみたいものです

落書き

電話をしているときや
だらだらとテレビを観ているときや
ちょっと時間を持て余しているとき

手元に紙とペンがあると意味もないものを描いてしまう

きちんと画材を揃えて描く絵よりも
そこいらへんにある紙とボールペンでなんとなく描いてできあがったもののほうが
よい出来だったりする

目の前に置いてあったスタバのマグカップに描かれている女神様が
岡本太郎作「太陽の塔」と、アヤシイ仏様とが合わさったような
ヘンなキャラクター誕生



呟き・金木犀


本州ではもう咲き終わってしまったのでしょうか

風に乗ってあまい香りが漂ってきて
秋と、その存在を教えてくれる

今年も札幌ではお目にかかることがありませんでした


中学生の頃
広い庭の金木犀があまりにも見事で
知らない人の家だというのに、ひと枝いただいたことがある

ちいさな花の色と香りをずっととっておきたかった
ポプリにして瓶にいれておきたかった

でも
乾燥させたつもりが、結局はただ枯れ果てて
色は汚く、香りもいつの間にかなくなってしまった

花はそこに咲いているのが一番キレイ
季節ごとに感じるのが一番イイ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。