サヨナラ COLOR

こないだの木曜日に映画「サヨナラCOLOR」を観てきました
狸小路のはずれにあるちいさな映画館で上映される映画は好みのものばかり
けれど残念なことに観たい映画は上映期間が短く、
一日のうちで上映させる時間も少なかったりで
気づくと上映が終わっていることがほとんど…



頻繁に映画館に通うわけでもないし
ビデオを借りてきて家で観るということも滅多にしません
家で映画を観ると、どうも落ち着かないので

周りのことが気になって集中できない
テレビも画面が小さく洋画は字幕が読みづらい
などなどの理由から

映画館は映画を観るための空間なので、じっくりと鑑賞できるから好き

他人と一緒に観る映画は娯楽ものや話題作
ひとりで観る映画は厳選してとことん自分好みのものを



サヨナラCOLOR」は竹中直人さん監督の映画で、鎌倉あたりの風景がきれいで、
ストーリーに派手さはなくおだやかで、温かさが残る

原田知世ちゃんもいい味出てました
けっこうミュージシャンがさり気なく登場しているみたいだったんですけど
さすがに全部はわからなかった

月に一度くらいは映画館へ足を運びたいものです
スポンサーサイト

呟き・ストーブ始動

稚内や旭川で初雪が降ったというニュースを聞きました
ここ札幌でも朝の気温は1ケタで、少々寒かったです

職場ではむんむん暑くて(慣れない仕事で自分が熱くなっているせいもある…?)汗ばんでいたのに
仕事が終わって外に出ると空気がとても冷たかった

帰宅しても体がなかなか温まらず、ついに今シーズン初!ストーブを点火しました
まだ10月なのに…
でもあったかい
明日は天気も持ち直すみたいなのでストーブのお世話にはならないと思います

職場の近所である道庁の池のほとりも色とりどりの落ち葉がキレイで
もう晩秋…いや、初冬なのかなあーってしんみりと移りゆく季節を実感しています

呟き・秋冬

今朝、通勤途中にある公園の脇で小さな羽虫の大群と遭遇

よく見ると、どうやらそれらは雪虫のようでした

そういえば朝のニュースでは倶知安の最低気温は3.8℃とのこと
札幌でも朝の気温はひとケタ代になっていた
どうりで、肌寒いはず

気がつけば、とっぷり秋
もうすぐ、冬の気配

イヌ派かネコ派のどちらかに分けるとしたら、私はイヌ派です
けれども街を散歩していると目につくネコたちにはずいぶん惹かれてしまいます
イヌはちょっとおバカで、人間に対して絶対服従であるのに対し、
ネコはクールで賢くて人間を寄せつけない雰囲気がある
実際、幼少時代はネコと目があっただけでも泣いてしまうくらいに
ネコが怖かったりもしたんだけど




小樽で見かける街ネコはかなりクール
ものすごく警戒して、少しでも近づくとすぐに走り去ってしまう
ちょっとだけ頭を撫でたいだけなんだけどなあ。。。

2階の窓から下界を見下ろす街ネコも発見
このこは、遠目から見てもかわいい






先月15年ぶりに訪れた宿にいた3匹のネコは
人慣れしていて人なつこかったので、触らせてくれました
抱いてみたらイカの骨を思わせるかのように体がフニャフニャしているのには驚き
ネコって柔らかいんですね~

いまさらながらの発見なのでした

呟き・蔓梅擬

北海道の中でもっとも好きな「美馬牛」という場所に行ってきました
紅葉が染まり始めた丘の景色は、夏とはまたちがう表情を見せてくれます
大好きな宿「びばうし」のとうさんや常連さんに手伝ってもらって(…ほとんどやってもらいました…)
念願のつるうめもどきをとることができました
みなさん、ご協力ありがとうございました


小樽のさかい家さんのように豪快に飾ることはできなかったけれども、
こんな感じでつるうめもどきを飾ることにしました



枝のバランスとか重心が傾いてしまったりして
大ぶりのまま壺やら花瓶に活けるというのはなかなか難しい

植物は好きなのに、育てることや活けるセンスがまったくなくて困りもの


ちいさい枝のものはまとめてこんなふうに

カフェ

勤め先の同い年の女性に「どこかオススメの喫茶店ある?」と聞いたら
「え、カフェ?」と言い直されてしまった
文章でカフェと表記することに抵抗はないが、会話の中では自然にカフェとは出てこない

自分が意識しているからなんでしょうけど、
最近は古い家屋をいじって店(ショップやカフェ)としている所がよく目にく
以下の2軒のカフェもそうです




こちらは店内撮影禁止なので外から建物だけをこっそり撮影
昭和生まれには中途半端に古く、それでいて懐かしさを覚える、そんな店内で
コーヒーはやや深煎り
注文したスコーンは外がカリッとしつつも中はふんわり柔らかく温かく
生クリームとブルーベリージャムをつけていただきましたが
コーヒーとも相性がよくて、さっそく自分の中でのお気に入りのひとつに追加







続いて2件目のカフェも落ち着くいい色
いがいが栗がさり気なく飾られていて、季節を感じさせます



西日の差し込む部屋と、窓の外には色づき始めた木々たち
どちらも滅多に行かない場所だけに
そこに居ると時間をつぶすためではなく
日常から切り離された時間をぼんやり過ごすことができます

つかの間、落ち着ける、くつろげる空間

呟き・蔓梅擬

昔、ドライフラワーやリーズづくりに凝っていた頃に知ったのが蔓梅擬

実がはじけるとあかるい朱色…オレンジ色の実が顔を出します
最近では盆栽などでも扱われているようです
蔓の木なのでリースにはしやすいですが
大ぶりの枝のまま無造作に壺なんかに入れて飾るのもなかなか洒落ています



小樽のさかい家さんでは
古い佇まいの部屋の片隅に置いてありました
こんなふうに飾るのに憧れる……

ちざきバラ園


午後から少しだけ青空も覗いてきたことだし、出かけるかあ
久しぶりに「ちざきバラ園」へ





秋にここから見下ろす札幌の街並みがなんとなく好き

以前来たときは花曇りで遠くまでハッキリ見えなかったけれど、
今日は空気が澄んでいるのではるか遠くには海も見える


園内はバラの甘い香りが漂ってなんともイイ気分
その辺で売られている芳香剤の安っぽい香りとは全然違う(本物だから、当然)

しかしバラといっても、実にたくさんの種類があるもので…
次から次へと滅多にお目にかかれないバラを見ていくと
微妙に花びらの形、色のつき方が違っていて、どれも本当にキレイで飽きない


ここでは初夏と秋にたくさんのバラが見頃になります

初夏は元気に若々しいイメージで美しく
秋は少し弱った感じの柔らかい日差しの中でより美しく