御岳山/滝行

数年前からN先生から話を聞いていて、絶対に行ってみたいと思っていた滝行
実現するまでに時間がかかったな

今がベストなタイミングだったのでしょう、きっと。


御嶽・滝行2017
photo by iPhone:2017.08.06


アーユルヴェーダでは
5つの元素から宇宙の万物は成り立っているといわれている
空・風・火・水・土

宇宙の始まりOMの振動から空が生じ、それに動きが加わり風になる
さらに熱(激性)が加わり火になって、重性が加わり水になり
そして暗性が加わり地となる

五大元素はあらゆるものと関連している
物質、心、目に見えるもの、目に見えないもの…


陰陽五行説では
万物は陰と陽の二つのエネルギーで構成されている、といわれている
そしてその万物は木・火・土・金・水の五元素の性質を持ち、それらが互いに影響しあって
宇宙が成り立っていると考える

アーユルヴェーダの五大元素は万物の性質を表し、
陰陽五行説では自然のエネルギーや動的な力のような概念ととらえられる


知りたいと思って進んで学びはじめたこと
ヨガ〜アロマテラピー〜お香〜チネイザン(氣内蔵マッサージ)
アーユルヴェーダ〜チネイザン〜東洋医学と繋がってきているから面白い

自分が何でできているのか
この不調は何処からくるものなのか
不足しているものは何なのか
だったら何を足していけばいいのか、調べる、実践する


先月の信濃大町といい、今回の滝行といい、水に縁がある夏だ
自ら進んで水の元へ赴いたことになるんだけど

その力、水の浄化作用は大きい。


1日目は夕方に
2日目は早朝に滝行をおこない、
初日はさすがに緊張もあってかリラックスしきれなかったと思うが
水を浴びて着替えた後は、水を浴びる前と違って空が、緑が、びっくりするくらいみずみずしいのね
そして暑かった山道で汗だくになった体も冷たい水を受けてさっぱり
体だけでなく、もちろん心もすっきり

2日目は「水に委ねて」「受け入れて」との言葉をしかと受け止め、
祓戸大神(はらえどのおおかみ)を唱え続けた

滝行を引率指導してくださった人の話によると
私自身はあまり自覚はなかったのだけど、滝の水と一緒に邪気だか不要なものが流れ出て
それが風となって出てきてその人がその風を感じたのだとか。
ときどきそういう人がいるんだって

「すっきりしたでしょ。顔つきが違う」としきりに言われてもどうもピンと来ない
たしかに冷水でスッキリはしている

滝行をしてそのまま下山してしまうとパワーが強すぎるとのことで
そこの宿坊では、朝食後(夕食後も)に呼吸法と瞑想そしてクリスタルボウルを聞いてクールダウンして
落ち着かせてから解散という流れになっていた

クールダウンの時間が私には足りなかったのか、下山してから帰宅するまで
なんだかぼんやり
下山してから昼食にお蕎麦と、昼間から飲んでしまったビールも相乗して猛烈な睡魔も。

滝行終えて2日経って、ようやっとかなりクリアになってきた!


自分には水が足りなかったの?欲していたの?
火が多すぎたの?

…勉強しよう










スポンサーサイト

空間ができたので思えるようになったこと

ひとつひとつ少しずつ少しずつ片付いてきたので、次の段階に進む頃かもしれない

病院は、通院もほぼ一段落したし歯医者もあと2回
音楽は、潰れたiPodはiPhone4Sで代用できるようになった!眠っていたiPhone4Sがまだ使える!
アクセサリー制作熱は、だいぶ鎮火してきた
家事は、かなり時短できるようになった
ヨガは、…終わるところがないのでねぇ。。。

2年近く同じ先生のクラスに通っていて、先生とお会いするのも楽しみの一つだし
何と言っても行き慣れているので、継続することはとても安心感がある
ただし、クラスのレベルはずっと同じ
そろそろ違うことにもチャレンジしてみたくなった
ずっと気になっていた先生のクラスを受講し始めたのが今年に入ってから
苦手だと思うポーズは、やり慣れていないから
体と相談しつつ、少しずつ難しいことにも向かっていく

ヨガの回数が減ってしまうけれど、生活の中に少しずつ仕事も加えていく心構えがやっとできてきた
結婚して2年近く。遅すぎの構え、これが自分のペースなんでしょう

ピラティスとジャイロキネシス

シルシアサナができるようになりたい!と練習し続けて2年ちょい
個人差があるとはいえ、長い道のりだった
それでもやっと30秒くらいは逆転でキープできるようになったものの、それ以上続かない

体幹がわかっていない、使えていないと指摘を受けて、ビラティスを初めてみたらこれがまぁ効果的で!

ぽっこりお腹を引き締めるには腹直筋ではなく腹横筋を鍛えると良いのだとか読んだ本に書かれていて
解剖学もBTCの必須で講座を受けたが、座学よりもやはり体験の方が勝る
ロールアップや地味なエクササイズがお腹にキツイ。キツイということは、その時そこの筋肉が使われているということ

私はヨガが好きなので、ペルヴィスもピラティスも興味ないのよ〜と自ら扉を閉めていた
扉を開けたら、それらの地道なエクササイズはヨガにきっちりと返ってきた
つまり以前よりもヨガがやりやすくなった なので ますますヨガが楽しくなった
もっともっとヨガを楽しみたいし、深めたいので、時間の許す限りピラティスも継続する

バランスボールを使ったピラティスは、いかに自分がぐらついているかということがもろに分かるので面白い

で、以前から気になっていたジャイロキネシス
こちらは今日初めて受けてみた
ジャイロキネシスとはバレエダンサーが考案したエクササイズ
リズミカルな呼吸に合わせて、特に背骨を意識し、肩周りも骨盤周りも滑らかに動かしていくというもの
身体の真ん中にある背骨をシャキッとまっすぐにしていれば、身体の正中線もまっすぐってこと?だよね

下半身でしっかりとグラウディングできていれば、肩周りももっと脱力できるだろう
肩の力みが抜けて首も縮こまらなければ、シルシアサナももっと長時間キープできそう
お腹(丹田)にグッと力を入れて、鳩尾が出っ張らないように、身体の中のどこも力んでいない、自然なまっすぐを目指す

回り道することが、実は近道であった

終わりはない

どうしよう

昨年の秋頃からヨガもとっぷりと深まって。

関わる人々から多大なパワーをいただいて、影響を受けて、背中を後押しされて
あれこれ気になることがたくさんあって、どれも中途半端に手を付けていて完結していない

ヨギーのベーシックトレーニングコースを受講中から受講後も
自分の中でモゴモゴとしている、コレ、収拾がつかないんですけど・・・

基盤づくり

いよいよ始まりましたベーシックトレーニングコース略してBTC

今回のBTCに参加できたのはパートナーの多大なる理解と協力があってのこと
まずそのことに感謝する
ほんとに恵まれた環境です

およそ10年のあいだに培ってきたことや記憶の奥の方にいってしまったこと
新しい観点からの情報…それらの再認識

この先 身体だけのヨガで終わってしまわないように
今とても一点に向いているであろう意識を連れて、それを見つめ直すもの


なかなかこれが濃い時間なのです