その道のエキスパート

  • Day:2018.06.16 23:39
  • Cat:WORK
このまま何もしないでいるのは心苦しいと流石に感じて、単発の仕事に行ってみた話

アルバイトだと思っていたがれっきとした派遣であり…日雇い派遣とでも言うのかな。1日完結の労働それはおもに軽作業。

14、5年前は軽作業が嫌で嫌でたまらなくて、どうしてだかパソコンを使う仕事の方が上に見えて、実際時間給にも格差があるしそんなこんなで必死に勉強したんだっけ。
今現在は、難しいスキルのいっぱいいっぱいな仕事はやりたくないのと、長時間のPC業務も肩凝り眼精疲労が重くなり、体のメンテナンスにも費用がこかってしまうんで敬遠しがちというのが実情。
とりあえず手っ取り早くできる仕事って、結局のところ軽作業なのだ。

はじめての現場でも、作業内容は1時間もやっていれば手が慣れてくるので難しいことは特にない。
はじめての現場の雰囲気に毎回戸惑うのは仕方ないとしても、それさえ何とも思わなければ、人間関係で悩むこともなくストレスフルなのかもしれない。

今日はここ、明日はまた違うところ、と、皆さん転々と上手いこと仕事を入れて続けている。
こういう働き方をされている人がたくさんいることに驚いた。
違う現場でも大まかな作業に大差は無かったりするので、皆さん実に手際が良く丁寧だ(そうでない人も稀にいるが)
毎回現場は異なっても、自分にとっての仕事はコレだときたんとした意思を持っている。なんて素晴らしい。

こういう仕事は、ピアス、ネイルNG。スカートだめ、パンツは足首まで隠れる長さで7部8部もだめ。靴はスニーカー。だから服も靴も買う必要もなく、オシャレのためにネイルもピアスもしなくていい。そういうところでお金がかからない。気楽だ。
収入も、必要な分だけあればいい。
至ってシンプル。
業務もシンプル。時間を持て余すことがまずない。退屈すぎてトイレで時間をつぶしたり、バレないようにネットサーフィンもしなくていい。

自分はこういう仕事の方が身の丈に合っていて、自分に向いているんじゃないかと思う、ほんとは。

だけどだけど、今はもうすこーし収入が必要な時期。
スポンサーサイト

外へ出て働こう

  • Day:2018.06.15 23:09
  • Cat:WORK
あと1週間ちょいで、平日昼間のヨガ時間が終わる

平日、仕事もせずに悠々とヨガに没頭することができたのも、パートナーのおかげであることを
私は忘れかけて
ありがたい気持ちが薄れて当たり前と勘違いしていたようだ

有難いの反対は当たり前


週5フルタイムで働くことに抵抗を感じていたのは
仕事・家事・ヨガ
この3つのバランスが取れなくなることがイヤだったから

キツキツで仕事をするのは心身共にゆとりがなくなるので、ストレスの塊になってしまうだろうと懸念していた

独身時代のように仕事に専念できる環境であれば全然問題ない
今は
帰宅してからもMustがあって、それらを済ませたら身体はもうグッタリで、趣味の時間も持てずに1日が終わる
若い頃のパワーがもうないのでスタミナ切れが早い
そんなことをダラダラと考えて
やはり気持ちにゆとりを持てる生活を送りたい、という思いが優先して
週3勤務の仕事に拘って長いこと探していたけれど、全然ナイ

正直
お金の所有は、心が安心する
お金が少なくなると、不安になる

仕事があると、自由時間を喪失するし、肩こりや眼精疲労、それに人間関係や業務上のストレスが増加する
しかし、拘束時間がお金となって口座に振り込まれる
そして身体のメンテナンスのために病院やカイロに通う
身だしなみも必要なので、服や化粧品
人とのお付き合いで飲食する
働くと出費もかさむ

それでも
やはり労働は必要なのだ

週3勤務!だとか、ヨガに通えなくなるだとか、
自分で枠を作り、かえって視野を狭めていたのでは…

でもなぁ
平日の昼間にしかクラスを持っていない先生と会えなくなるのは、残念…せっかくお近づきになれたのに…
その方とはまた、御縁がありますように!と願います

状況は刻々と変化している
気づきづらいけど、自身も変化している

家事もヨガも一緒にできる
素晴らしいパートナーが、ここにいる

お疲れさま

  • Day:2017.09.16 00:21
  • Cat:WORK
はや9月
産休の人が復帰するまでだった契約が9月末まで延長となり
穏やかな職場でゆるゆると過ごしていたら
終わりが見えてきた

大企業の孫会社ということで
今までの派遣先とは全く雰囲気の異なる、のーんびりとした、まさにアットホームという言葉が当てはまり、周囲は競争心もなく人当たりが良く私語も多く終始ホンワカとした職場であった
でも言い換えれば、外部の人間は表面上は上手く付き合いつつも実は全く受け入れない田舎の仲間意識の強い集団なのだな

孫会社同士が合併することになり、これからの環境が少しずつ変わる
グループ会社から経理専門の人間が9月から2人出向してきた
というわけで人手は足りているのでもう派遣は必要ないとのことで次回の契約延長はナシであと数日で私はここを去る

外部の人間を受け付けないと気づいたのは、出向してきた女性が言った一言「風当たりが強い」
言われて意識してみたら、ほんとにあからさまによそよそしい
自分もそうだったのかな?
業務に必死すぎてそういう視点は持てなかったけど、いま引き継ぎ中で全く業務がない日々が続いているのでなんだかこれまでと確かに視点が違ってくる

和やかに感じた私語や雑談が雑音にしか聞こえなくなり苛々している自分を自覚する

居なくなる人間に与える仕事はないので、まじ手隙状態
FJ思い出す

でもこの会社、手隙社員は何人も抱えているのでこれ以上人を増やさないんだなって外部の人間にまでハッキリ分かってしまう

経理は専門外で苦痛に感じることもかなりあるので、結局これ以上は自分の中にも入ってこないし(頭が働かない)ちょうど潮時なんだな
ココは自分の居場所ではない

2年のブランク後の社会復帰として電車通勤ストレスなしの自宅から徒歩通勤できる職場であったということに感謝!
直近の上司さんが驚くほど丁寧な人物であったことにも感謝!
この方も出向の人で、10月から本社に戻られるそうなので私はちょうどいいタイミングでココを去ることができて結局いい結果なんだと思う


業務内容としては、Excelの複雑なのはもうやりたくなーいと数年前から思っていたけど……Excelのほうが経理より全然頭に入ってくる

とにかくお金の数字に拒否反応(*_*)

派遣を続けて行く限りこんな仕事しかこないのだろう
働き方を改める時期なのかな、とも感じる

仕事選び

  • Day:2017.03.08 16:48
  • Cat:WORK
ふたつの派遣会社に新規で登録をした
ひとつはオンラインのみで完了したけど、ひとつは来社しての登録

久々に自分の職務経歴を洗い出す
スキルチェックでPCに向かう
初対面の若いお姉さんと面接

くたびれた



今までと違うことをやろうと思ったら派遣社員としての労働は意にそぐわないのではないだろうか
過去のスキルを基準に社内選考されるわけだし
もうExcelのデータ集計やグラフ作成に懲り懲りしているし

スキル抜きで仕事選びすると、ピッキングなどの軽作業ばかり
これって10数年前にやっていたことで
こんなんもう卒業したい!ってパソコンの勉強を必死になったわけなので、後戻りするような行為は避けたい

ほんとうは何をしたいんだろーね

今現在、仕事はしていないけど
日常には満足しているんだよね
まぁ金銭面で少しゆとりが欲しいのと負担を減らしたいという程度で。
おそらく仕事始めたら家事のクオリティは下がる=家事の負担を増やすことになる


働く前から考えることこそ時間の無駄無駄


とりあえず、今日はもう仕事のこと考えない!

嵐の後の静けさ

  • Day:2015.04.20 15:51
  • Cat:WORK
思い起こせば個性的でアクの強い人が集まる部署であった

しかし、よその部署の派遣さんや社員さんとの接点が多い位置に立
髪の毛振りかざして過ごした日々は決して無駄ではなかったと。

ほんっとに強烈な部署だったな。最後の最後まで

そんな職場を去り2ヶ月弱
働かないでいるとこれまた不安になってくるんだな
身勝手なこと!

3月下旬は嫌がらせのように1日に4~5件のお仕事紹介電話攻撃
断られて断って4月に入ったら電話はひとつもやってこない


環境が変わり、生活にも慣れてきたのか…

そろそろ次を決めなければならない

相変わらず?
いや、いつにも増してこの曖昧さ
どうしたいんだろう

ワークライフバランス

難しい

もう以前の生活の繰り返しはしたくない

あ、6年以上前の自分を掘り返している


なにもかもが変わっているんだよとどんなに言い聞かせても
沸々と甦ってきたりして混沌

私の目の前でゴハンを食べているのは、誰?

なんなんだよこのブレブレ

落ち着こうよ
なんのためのメディテーション?ヨガニドラー?


とりあえず、働きましょうよ
もう以前とは違うんだよ、大丈夫だよ、心配するな

ヨガにとらわれて行動が狭まってはいけない
自分で制限するべきではない


臨機応変に対応できるカメレオン

Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。